トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2022-05-28

眼鏡と補聴器

こんにちは。

本日は「眼鏡と補聴器」についてお話してみようと思います。




眼鏡と補聴器は顔の一部に付けるもの、という点で同じです。

また眼鏡屋さんで多く取り扱われている、という点でも共通する所があります。
(もちろんそれぞれの専門店というのもあります)


しかし、言わずもがな、
眼鏡と補聴器は全く違うものです。

ですが...

・眼鏡はつけたらよく見えるようになる

・補聴器はつけたらよく聴こえるようになる

このような認識を持たれている人が結構多いように感じます。

これ、実はちょっと違うのです。






眼鏡に関して言えば、眼に器質的な異常がなければ、

目的に合わせた距離にピント合わせを行うことが可能になります。

要は「よく見える」ようになるわけです。

これを矯正といいます。

眼の中でバグってしまった焦点を、正しい位置に引き戻すことが可能となるわけです。



ところが補聴器に関しては、

矯正というよりは、リハビリに近いものというイメージです。
(リハビリと言い切ってしまうと語弊があるかもしれません)

・眼鏡→つければよく見えるもの 

・補聴器→トレーニングや調整をして聴こえをよくしていくもの

これが正しい理解だと思います。


補聴器に関して言えば「よく聴こえる」と言い切れないところが苦しいところです。

これは個人の感覚に委ねられる部分でもあるので、

補聴器がうまく合っていけば、

「よく聴こえる!」

と感じる人もいるでしょう。

それでも耳が若い時の状態に戻るわけではないのです。

眼鏡も、もちろん70代の方が10代、20代の時の眼に戻るわけではないのですが、

「視る力」が残されているのであれば、

20代→視力1.2

現在→視力0.8→矯正→視力1.2

という事も可能になってきます。
(調節力とかそういう話は、ややこしくなるのでここでは無視します)






そして一番伝えたいことは

・補聴器はつけたらすぐ聴こえるようになるものではない
・トレーニングや調整を、こまめにしながらあわせていくもの

という事です。

だから、なるべく通いやすいところが良い。
親身に相談に乗ってくれる所(人)が良い。

となってくるのです。

参考になれば幸いです。


大浦


衣笠店 2022-05-28






News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

ARCHIVE