トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 逗子店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2021-07-11

補聴器を調整していくという事

こんにちはー!

昨日、今日と逗子は真夏の暑さです。

不安定な天気が続いておりますので、
体調管理や危機管理を十分にしていきましょう。


さて、本日は「補聴器を調整していくという事」というお話。



補聴器を使っていくうえで、「調整」という言葉を多く耳にするかもしれません。

実際、補聴器は特に最初のうち、

少し使って調整、また少し使って調整、を繰り返していくものです。

それはなぜなのか

はじめからコチラが考える理想とする音を届けるようにすると

脳が慣れにくく拒否反応を示す方が多くいるからです。

こちらは以前にも何度かお話しさせていただいたことかと思います。




音自体は耳から入りますが、最終的に理解をしていくのは脳の働きです。

補聴器を初めてつけたり調整して音を変えた場合には、その新しい音に脳が慣れていく必要があるのです。

よくあるのが聞きにくいので音を大きくする調整を行い、

その後、2~3日程度で「ちょっとうるさいから元に戻して」と言われるパターンです。





押しつけはよくありませんが、多少の違和感はあっても1週間程度は使用して頂きたい、

というのが正直なところです。

あまりにうるさくて我慢できない、ということであれば話は別ですが、

多少の違和感の場合には「最初はうるさく感じたけど、なんだか慣れてきた」

というように良い変化が生まれていくパターンが多いです。




調整の前提としてあるのが

「音は小さければ絶対に聞こえない」

という考えです。

初めのうちは少し小さめの音からスタートして、徐々に音を大きくしていく。

補聴器ソフトや効果測定によって目標値が定められていると思うので、

まずはその目標に近いところまで音を大きくしていき、

その後、生活環境等に応じてこまめな調整やメンテナンスをしていくことが重要です。

補聴器を買ったけれど上手く使いこなせていない、

または買ったけれど全く使っていない、という話を耳にします。

その多くは調整をしていなかったり、

調整をしても慣れないうちに音を小さく戻してしまい、

結局「こんなの付けても効果ない」と思われるパターンが非常に多いのです。

強制するのは良くありませんが、お客様の意見を聞きすぎるというのも考え物です。

お客様の不便を解消するために、

本気で考えて寄りそってくれるお店や人を見つけていくことが何よりも大切なのではないでしょうか。



大浦







逗子店 2021-07-11



[逗子店] 2021-06-24

聴覚と情動

こんにちは!

逗子店スタッフの大浦です。

さて、本日はなんだか堅苦しいタイトル

「情動」とは簡単に言ってしまうと喜怒哀楽のこと

それと聴覚はとても大切な関係ですよー、というお話。



会話でのコミュニケ―ションというのは、耳に言葉が入ることから始まります。

耳で言葉を聞いて、脳で思考し、言葉で返す。

これが会話をするときの処理プロセスとなります。

つまり、聴覚は、思考をするための大事な情報源だと言えます。

「楽しい」「嬉しい」「悲しい」「腹立たしい」などの情動は、

聴覚によって引き起こされるのです。

この情動が聴力の低下によって無くなっていくことで、

認知機能に大きく影響することが、さまざまな研究によって示されています。

例えば、1年間の加齢による認知機能の低下を比較した研究では、

健康な人と難聴の人との認知機能テストの結果が7倍も開きがあったという報告もあります。



難聴の進行を放っておくことで、コミュニケーションが不足して、

孤立化が進み、最終的には認知機能の低下や、うつを発症するリスクが懸念されています。


そうしたリスクを減らし、より快適な生活に繋げられるように、

我々、補聴器を取り扱うものが、少しでもお役立ちできれば幸いです。


ご不明な点などは、お気軽にご相談ください。





逗子店 2021-06-24



[逗子店] 2021-06-14

テレビが聞きにくい

こんにちはー。

関東も梅雨入りした模様です。

ジメジメしていて、マスク生活には辛いですが、頑張って乗り切っていきましょう。


さて本日は、補聴器を装用している多くの方が感じるお悩みベスト5に入るであろう

「テレビが聞きにくい」
 
についてのお話です。





そもそも補聴器を装用している人にとって、普通の声は聞き取れても、

テレビは難しい場合が多くあります。

・声が様々な方向に広がり、反響する
・BGMが大きくて声を邪魔してしまう
・早口や声が小さい場合も多い
・逆にCM等は大きすぎてうるさい場合もある

以上のような点から、なかなかしっかりと音が入ってきてくれないという事が多いです。

そうした時にどうすれば良いのか。



「ストリームラインTV」

一番良いのはコチラをご購入いただく事。

BLUETOOTHが内蔵されている補聴器であれば、補聴器から直接テレビの音が入るようになります。

ただし金額が¥30,800掛かることと、

機械に弱い人だと、テレビに取り付けるのが大変、という場合もあります。




それが難しい場合は、そもそものテレビの音を聞きやすく設定してみる、というのも一つの手。

メーカーや種類によっても異なりますが、

テレビ側に声が聞きやすい設定が選べる場合もあるようです。

またお部屋の環境を整えることでテレビの音が入りやすくなる場合もあります。

・レースのカーテンを閉める
・フローリングならカーペットを敷く

上記を改善することで音が反響して聞きにくくなるのを避ける効果も期待できます。



最後に、調整で対応するという方法もあります。

左右の聞こえのバランスが取れていないと、テレビの音は普通の会話以上に影響が出る場合もあります。

以前測定した時と聴力が変化している場合もありますので、適宜再測定を行ってみても良いかもしれません。

また、テレビの音を聞きやすいプログラム設定をしておくことで有効になる場合もあります。

プログラムについてはコチラ

https://www.optical-araki.co.jp/staff_blog/index.html?shop=&id=1841

  
  
  
  
  
ご不明な点やお悩み等はお気軽にご相談くださいませ。


大浦


逗子店 2021-06-14



[逗子店] 2021-05-27

補聴器をつけようとする意志

こんにちはー!

本日の逗子は雨模様。

関東の梅雨入りも間近でしょうか。。

さて、本日は補聴器使用に対しての心構えのようなお話。




タイトルだけ見ると、なんのこっちゃ?だと思います。

要は、補聴器を簡単に考えちゃいけませんよー

「補聴器をつけようとする意志」が大切ですよー、というお話です。



補聴器をつければその瞬間から「健康な時の聞こえに戻る」と考えている方が多くいます。

しかし、実際はそうではありません。

https://www.optical-araki.co.jp/staff_blog/index.html?shop=&id=1883

 
↑こちらでも書きましたが、「聴力の失われた期間」を取り戻すのは容易なことではありません。

補聴器は、聞こえを改善する高性能な機械であることは間違いありませんが、

あくまでも道具であり、万能な物ではありません。

道具はその利点と欠点を理解して使う事でより良い物となっていきます。




なによりも大切なのは、「補聴器を使用してみよう」という意志なのだと個人的には思います。

「つけて最初から聞こえないんじゃ意味ないや」ではなく、

ある程度、長い期間を見て、信頼できる補聴器販売店と

少しずつ、ゆっくりと聞こえを改善していくものだと考えています。





その聞こえのサポートに、我々が少しでも関われれば幸いです。







逗子店 2021-05-27



[逗子店] 2021-05-11

聴力の失われた期間

こんにちは!
逗子店スタッフの大浦です。

日中は随分と汗ばむ陽気の日も多くなってきました。

毎度言っていることですが、体調管理をしっかりしていきましょう。







さて、本日は「聴力の失われた期間」についてのお話。

これは初めて補聴器を試聴して頂くお客様に多いのですが、

「まず70%くらいの音から始めていきます」というようにお伝えしています。

いきなり100%の音は出さないんですね。

なぜなら、いきなり100%の音を出すと、うるさくて使えないという方が多くいるからです。

それはなぜ?というのが今日の本題。

まさに「聴力の失われた期間」に関係しています。






突発性難聴の方を除き、多くの難聴の方は、昨日、今日、もしくは数週間、数か月の間に

聞こえが悪くなった、という方はあまりおりません。

ある程度の長い時間の中で、ゆっくりと、聞こえが失われていった方が殆どです。

音というのは耳で捉え、脳で感知するものです。




難聴者の方というのは、長い年月、普通の人よりも

「静かに聞こえる音の中で過ごしてきた方」ともいえるのです。

そのため、静かな音に慣れてしまった脳を、

いきなり100%に戻すことで、大きな拒否反応を示す方が多くいるのです。



もちろん中には100%の音をいきなり入れても大丈夫な方もいますが、

多くはこまめな調整を重ねていき、ゆっくりと時間をかけて、100%の音に近づけていく行程が必要です。


当店では貸出期間も設けていますが、上記のようなことから、

いきなり困っている状況をすべて解決できるわけではありません。

どちらかというと貸出期間中は、補聴器が現在の生活の中で使えるか、

という部分を確認して頂く、という意味合いが強くなります。


聴力の失われた期間を取り戻す作業を我々が少しでもお手伝いできれば幸いです。

ご不明点等はお気軽にご相談ください。









逗子店 2021-05-11





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

ARCHIVE