トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 逗子店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2020-08-23

補聴器の購入をお考えの方へ

こんにちは!
毎日、暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は、補聴器をご購入される際に参考にして頂きたいことをお伝えしたいと思います。


補聴器のカタログには様々な価格のものがございます。
高価な物でしたら100万円近くするものもあり、軽自動車が購入できてしまう金額です。
お値段が高い補聴器は様々な機能が付いていたり、雑音も少なく良い面が多いですが、必ずしも価格に比例してそれだけ聞きやすくなるというものではありません。
また、片耳に高い補聴器を付けるより、両耳に安いものを付けたほうが聞きやすい場合もあります。普段ほとんど使わない機能のために高価になっていることも考えられます。
質と価格差をどう感じるかは、個人の価値観で変わります。
ただ、補聴器は原則毎日長時間使いますから、我慢しながら使うのはどうかと思います。
むやみに高いものを買う必要はありませんが、生活の質にかかわりますので、専門のスタッフと十分検討して、納得いくものを購入しましょう。
聞こえでお困りの方は、ぜひご相談くださいませ!


逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-08-23



[逗子店] 2020-08-11

「補聴器×マスク」による煩わしさを軽減する方法

新型コロナウイルス対策でどこに行くにもマスクが必須というご時世ですが、これが補聴器装用者にとって意外と煩わしかったりするんですよね。

特に耳掛け型補聴器をしている方は、耳の上に「補聴器」と「マスク」、メガネをしている人なんかはそこに「メガネ」が加わるわけですから、補聴器が浮いてしまったり、外れやすかったりと苦労してしまう事も。

そんな煩わしさを解消する方法が見つかりました!


まず一つ目は「くびにかけるくん」2個入り 440円(税込み)

写真を見てわかるようにゴム紐部分を耳にかけるのではなく、首にかけるようにするので耳への干渉もなく補聴器への影響もありません!スポンジのようなに柔軟性があるので、長時間かけても痛くなりません。



二つ目は「メガロックM」1組入り 520円(税込み)

メガネを掛けている人だけになってしまいますが、シリコンのフックをメガネへ取り付けることで、マスクのゴム紐を耳ではなくメガネに掛ける事が出来るようになります。
もともとはメガネの脱落防止のためのアイテムですが、新しい使い方を発見したメーカーの努力に拍手を送りたいと思います!

他にもいろいろあるかもしれませんが、是非この方法で「マスク生活」を快適に過ごしましょう!


逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-08-11



[逗子店] 2020-07-29

補聴器を使用している人との接し方

こんにちは!

寝ても寝ても眠い大浦です。
おまけに夜中に何回か目が覚める日々が続いております。
(大丈夫か俺...)
睡眠の質を上げなくては!


さて、本日は補聴器を付ける人ではなく、
その人の周りで接する人に読んで頂きたいお話。




補聴器をつけたのだから聞こえるようになったのだろうと、
周りの人が思い込んでいるケースを多く見ます。

まず大前提としてお伝えしなくてはいけないのが、
補聴器をつけたから、いきなりすぐに全てがハッキリと聞き取れるようになるわけではないという事です。
そして、若い時と同じような聞こえ方に戻るわけでもないという事を知っておいてください。

補聴器を付けた人とは、様々な部分に配慮しながら接していく必要があります。




①顔を向けて話す。
話を聞くには耳だけではなく、目からの情報も重要な要素です。
口の形や表情を手掛かりに音を判断されることも多くあります。
視覚と聴覚は連携を取りながら、常に正確な情報を捉えようと努力しています。
また、正面からの音は直接耳に届く為、聞き取りやすいという事もあります。


②近づいて話す。
相手との距離が近いほど、音は大きくなります。
特に周りがうるさい時は近づくのが最も重要です。


③ゆっくりはっきり話す。
難聴になると言葉のスピードに耳が追い付いていかなくなります。
これは補聴器を付けても同じで、音の理解に時間がかかるもので、
よく聞き取れないうちに次の言葉が出てくると耳が対応できません。
ほんの少し、ゆっくり、そしてはっきり話すことを意識するだけで、
コミュニケーションの取り方が格段に良くなっていきます。


④普通の大きさの声で話す。
音自体は補聴器が大きくしてくれるので、大声を出す必要は無くなります。
難聴の人は小さな音が聞こえないのと同様に、大きな音にも弱く、
響いてしまってかえって聞き取りづらくなることがあります。
ただし、うるさい場所では、その音に負けないように、
ある程度大きな声を出す必要は出てきます。


⑤言い直しや言い換えをする。
うまく聞き取れていないような時には、もう一度繰り返したり、
大切な言葉は言い換えたりしてみてください。
例えば「4日(よっか)」と「8日(ようか)」などは聞き分けにくいので、
「よんにち」「はちにち」など言い換えてあげると分かりやすくなります。


⑥励ましと手助けが重要になる。
前述したように、補聴器をつけるとすぐに全ての音が聞きやすくなると
思われがちですが、そんな事はありません。
「高い補聴器だからよく聞こえるはず」「なぜ一日中つけないのか」と、
周りの人は思うかもしれません。
しかし、新しい器具を装着することは、実はとても疲れる事なのです。
焦らずに、補聴器を使いこなせるようになるのを温かく見守ってあげる事が、とても重要です。
時には本人が面倒くさがったり、くじけそうになることもあるかもしれません。
そんな時は叱ったりせずに励ましてあげてください。



まわりの人の配慮がより良い聞こえのためには必要不可欠なのです。




逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-07-29



[逗子店] 2020-07-09

両耳と片耳、聞こえの違いは?

こんにちは!逗子店スタッフの山田です。
ここ最近は雨も風も強くて通勤だけで頭がぼさぼさに…
梅雨明けが待ち遠しいです!

さて、今回は両耳と片耳の聞こえの違いについてのお話です。


脳は、左耳と右耳のそれぞれに入ってくる音を絶えず比較しています。
脳が音の方向を感知するときには、音が両耳に到達するわずかな差で判断をしています。

たとえば、右方向で話している人の声は、左耳よりわずかに大きな音で、そして早く右耳に到達します。
両耳で聞く事で音の方向性が明確になっており、暮らしにあふれる音をバランスよく両耳で聞き取ることで、自然で快適な日常生活を送る事ができるというわけです。


しかし、片耳だけで音を聞くようになると、左右どちらか片方の耳に音が集中するため疲れやすくなってしまいます。
これは、補聴器を片耳のみに装用する場合も同様です。

両耳装用なら、片耳では聞き取りにくかった小さな音も無理なく聞き取ることでき、耳が疲れにくくなります。

また、片方の耳の聴力が落ちた状態が長く続くと、脳は聴力のいい方の耳だけを使うようになり、耳の機能がどんどんダメージを受けていきます。
早い時期から補聴器をつけることで、聴力の落ちた耳にも刺激を与え、聞く能力の低下を防ぐことにもつながります。

当店には認定補聴器技能者も在籍しておりますので、聞こえについて気になることやお悩みのある方はぜひお気軽にご相談ください!


逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-07-09



[逗子店] 2020-06-26

補聴器電池について

こんにちは!
暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

本日は、補聴器電池についてのお話しとなります。


現在、補聴器は充電式タイプが人気ですが、まだまだ電池式の補聴器を希望される方も多い状況です。
補聴器には「空気亜鉛電池」を使用致します。
プラス(+)側にはシールが貼ってあり、シールをはがすと、小さな空気孔があります。この孔によって電池の中の亜鉛と空気中の酸素が反応して電気を作る仕組みとなっています。
欠点は、いったんシールをはがすと使用しなくても少しずつ放電してしまうところです。
この空気亜鉛電池、使用済みのものをどうしたらよいのか、わからない方が多いので処理方法をお伝えいたします。
使用済みの電池は、まずは両面にセロハンテープを貼って絶縁します。
それを我々のお店に持ってきて頂ければ、お預かりさせて頂き、適切に処分させて頂きますのでご安心ください。
まだまだ電池式補聴器を使用されている方も多いので、ぜひ参考になればよいです。


逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-06-26