トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 逗子店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2020-05-08

指向性とは

こんにちはー!

本日はタイトルにもある通り、「指向性」のお話し。

なんか聞いたことあるけど...
結局、何だっけ?という方も多いはず


wikipediaで調べると、こんな感じで出てきます。

指向性(しこうせい、directivity)とは、音、電波、光などが空間中に出力されるとき、その強度(単位立体角あたりエネルギー)が方向によって異なる性質である。 あるいはそれらを空間中から検出するときにも使われる。電気信号等に変換すると、方向による利得の違いとして得られる。



なんのこっちゃ??


さっぱりわかりません。








簡単に言えば「音波の強さが方向によって異なる性質」のこと。

いや、これでも難しいか...

実は指向性というのは、様々な分野で使われたりします。


で、補聴器は音に関わる機会なので、
音に関する話だとスピーカーとマイクで指向性という言葉が使われます。

スピーカー…特定方向だけ音を出力する
マイク…特定方向の音だけを拾う


こんな感じ。

補聴器だけで考えるなら「マイク」で用いられたりします。








で、これがあるからなんなのか?

普通のマイクでは騒音下などで周囲の音を全て拾ってしまい、
人の声を聞き分けるのが困難になるのですが、
それを改善する為に、指向性機能を用いて、
マイクの集音範囲をしぼり余分な音を低減させて聞き易くする、といった感じです。

要はいろんな環境で、聞きたい音にだけフォーカスすることが可能になるのです。


特に人の声。

よく、補聴器の値段の差はなんなのか?という質問をいただきますが、
色々ある中で、この指向性の機能も大きな要素。

高価格、高ランクのものほど、よりフォーカスできる機能が備わっております。

「会話」をよりよくしたいという方は、是非注目してみてください。



大浦



逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-05-08



[追浜店、衣笠店、逗子店] 2020-05-01

☆5月休業日のお知らせ☆

こんにちは!

とても気持ちのいい天気の5月初め。
横須賀は「夏の近づき」を感じる暑さです。

さて、今日は大事なお知らせです。

昨今のコロナウイルス感染拡大に伴い、めがねの荒木3店舗では、
拡大防止のため、5月は毎週水曜日を休業とさせていただきます。(5/6、5/13、5/20、5/27)

姉妹店のAlenz&Co.イオン久里浜店については、休まず営業しております。
6月については未定ですので、状況に応じて報告をさせていただきます。

お客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

水曜日を除いては、感染拡大防止に配慮しながら、元気に営業しておりますので
お困りごとなどございましたら、ご遠慮なくご相談くださいませ。



追浜店、衣笠店、逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-05-01



[逗子店] 2020-04-26

補聴器は時間がかかる

こんにちはー!

世間はコロナウィルスの影響で重苦しい状態が続いています。

なかなかご来店されることも難しい中、少しでも有益な情報を発信していければと思います。


今回の記事は「補聴器は時間がかかる」

何が??

ズバリ、慣れるまでの時間のことです。






眼鏡店で補聴器が販売されていることもあり(当店もそうです)

補聴器は何かとメガネと比べられたりもします。

そして、「メガネほど役に立たない」と判断されてしまうことも少なくありません。


そもそも、この比較はかなり無理があるものです。

メガネは屈折の異常(ズレた焦点)を補正して、網膜に像を結ぶように働きます。

その場合、網膜や光の通り道に異常がなければ、

ピントを合わせることで、正常な状態と同じくらい良く見えるようになります。





一方、補聴器は多くの難聴者の場合、目でいえば網膜に当たるところに障害があることになります。

つまり音を感じるところに機能的な限界があるため、その効果には個人差があるにせよ限界があるのです。


少しずつ聞こえが悪くなってきた人の場合、音が無い状態に慣れてしまい、その状態に適応しています。


補聴器をつけると、今まで聞こえなかった色々な音が急に聞こえるようになります。

その音の中から、必要な音と不要な音をすぐに分けることが出来ずに、

すべての音を同じレベルで意識してしまうのです。


しかしそれも初めのうちで、脳には不必要な音を無視する働きがあります。

その機能によって、慣れてくるにしたがって気にならなくなってくるものです。



私たちの脳は、耳に入ってきた音がどんな音であるのかを、音の成分の中の色々な手がかりから判断しています。


補聴器を使い始めると、それまでよりも多くの情報が入るようになり、

最初のうちはその情報を上手く利用できません。

同時に不必要な情報もより多く入ってくるため、脳が混乱してしまうのです。


しかし、経験を積むうちに脳が学習し、次第にそれまでよりも多くの手がかりを利用できるようになります。



補聴器は一般的に高温域をより増幅して調整することが多い為、

音が甲高く聞こえたり、耳障りに聞こえたりすることがあります。

これも慣れるにしたがって、むしろ言葉が聞き取りやすくなっていることがわかるようになってきます。



上述の通り、全ての音のハッキリさを取り戻すことはできませんが、

補聴器は、周りの人も含めた、日ごろの不便を解消できるアイテムです。



それに慣れるためのお手伝いを、責任をもって行わせていただきます。


ご相談等はお気軽にどうぞ。



大浦







逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-04-26



[逗子店] 2020-04-15

補聴器の消耗品、お届けします。

こんにちはめがねの荒木逗子店丸山です。
本日はとても良いお天気ですね。お出かけ日和ではありますが、緊急事態宣言が出てからは、なかなか大手を振って外出ができなくて残念です。早く普段通りの生活が戻ってききてほしいですね。
さて今日は、補聴器電池や消耗品など、買いに行きたいけど、買いに行けないお客様にお知らせです。


補聴器の電池や乾燥剤などのストックはご自宅にございますか?
感染予防のために、外出を最低限に抑えたいけど、消耗品は買い足さないとだめですよね。
補聴器をご利用のお客様で電池や乾燥剤がほしいけど買いに行けない、もしくはご家族の方で代わりに買いに行ってあげたいけど、中々お時間が作れない。そんな時は当店にお電話ください!!
当店では、補聴器の使用に必要な電池や、補聴器を湿気から守るために必要な乾燥剤などの消耗品をご自宅に、お送りします。
お支払いも、お届け先の玄関で出来るようにしてありますので、店舗まで足を運ばなくても大丈夫です。
承けたまりの時間帯にもよりますが、翌日配送やご配送日指定、ご配送時間は、決められた枠の中でならご指定もいただけます。
お支払い方法は現金になる事と、商品代金の他に、配送料と代引き手数料を頂戴する事にはなるのですが
お困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお電話くださいね!!
また、最近『補聴器の調子が悪いなぁ』と『補聴器つけてても音が最近聞き取りづらいくなった』こんな風に感じたら、
逗子店では、補聴器のメンテナンスやクリーニングも承っております。クリーニングやメンテナンスなら、ご家族の方がお持ちいただいても大丈夫です。
費用もパーツを交換したり、メーカーに送ったりするものでなければ、無料でメンテナンスやクリーニングを致します。
もちろん当店でご購入でない補聴器もお預かりしてメンテナンス可能な補聴器は対応させていただきます。その際上記と同様に無料ですので、補聴器買った所が遠かったりして中々行けない方には是非ご活用ください。

最後に当店におきましては、補聴器の出張訪問サービスを実施しています。
『今すぐ』や『明日』にきてほしいと、言われてしますと難しい事もありますが、ある程度お日にちを空けていただければ、ご自宅までご訪問させていただきます。
お客様宅でも色々対応できるように、設備を用意しておりますのでお店に来れない方や、施設に入居されている方などご入用であればお電話でご予約ください。
ご要望やお困りごとなどの事前に教えていただけると、スムーズにご提案出来ると思いますのでご予約の際に色々教えてくださいね。
当店の電話番号は、このブログあるホームページに記載がございますので、そちらをご覧ください。
お客様のご利用お待ちいたしております。




逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-04-15



[逗子店] 2020-03-28

補聴器と脳の働き

こんにちは!
現在はコロナ、コロナばかりで・・・。
コロナウイルスの影響でたくさんの方が苦しい思いをされていますが、1日も早く終息するといいですね。

さて、本日は補聴器と脳の働きについてのお話しとなります。


私たちは耳で聞こえたとおりに音を感じていると思っていますが、実際は脳が解釈をした音を聞いています。

私たち人間の脳は、物事をパターン化し、記号として認識していて、頭の中にいくつもの引き出しがあり、声や言葉のパターンからそこに整理して音を入れています。ところが聞こえが悪くなると脳に届く音の情報が少なくなるため、このパターン化が難しくなります。今聞こえた音を「あ」の引き出しに入れるのか、「は」の引き出しに入れるのかの判断が難しくなり、さらに時間がかかるようになります。ですから話し手が早口だと、より聞き取りにくくなります。
音を記号化して聞くためには、元となる記憶の引き出しが脳になければなりません。
聞こえてきた音は、つねに脳内の辞書と照らし合わせが行われています。脳の神経回路は、この照らしあわせを繰り返すほどしっかりしたものとなります。ですから、何度も聞いている音や声はしだいに聴きやすくなってきます。外国語などもしだいに聞き取れるようになってくるのは、神経回路がしっかりとしてくるからです。
補聴器をつけた当初は音に違和感があったとしても、音の情報量は増えています。脳が学習や経験を積むことでしだいに音がなじみ、会話もよく理解できるようになります。

脳の訓練、とても大切ですね!
当店には認定補聴器技能者が在籍しております。
ご相談、お待ちしております☆


逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-03-28