トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2021-04-14

補聴器の聞こえのチェック方法!

こんにちは!

アレンズさいとうです(^^♪
最近、朝晩が少し寒いですね。
お元気ですか。
さて、補聴器って聞こえているかどうかどうやって確かめているのでしょう。
お客様が「よく聞こえます。」と言ってもどのくらい聞こえているか主観なのでよくわかりません。
ではどうやって補聴器技能者は、確かめているのか。
実はメガネと一緒で確認する方法があります。
眼鏡は視力1.0と表記します。補聴器は100%/60dbsplと表記します。意味は「60dbspl(普通の会話音量)で100%聞こえます。」という意味です。補聴器はスピーチオージオグラムと言う表に記入します。



上の表の見方は赤丸が右耳、青バツが左耳です。横軸が音の大きさ、縦軸が正答率です。
この方の右耳は90dbで85%の最高明瞭度が得られている表です。(それ以上大きいと聞き取りが低下しているため)
左耳は90dbで80%の最高明瞭度が得られています。この数値を目標に補聴器を装用したとき60dbの音量で最高明瞭度が得られるように補聴器を調整していきます。
つまりこの表では黒三角が補聴器を装用したときの聞き取りなので60%/60dbsplとなり補聴器不適合となります。
補聴器の調整が必要になります。この方の補聴器を調整し再度測り直しました。下記がその表です。

黒三角が補聴器を装用したときの聞き取りなので90%/60dbsplとなり、補聴器が適合しました。
このように補聴器技能者は他覚的に補聴器が適合しているかどうか見極めていきます。

聞き取りでお困りの方がおられましたら、アレンズ補聴器技能者にご相談ください。

アレンズさいとうでした(*^^*)


Alenz 2021-04-14



[Alenz] 2021-04-11

補聴器メーカーはどこがいいの?

こんにちは!
アレンズさいとうです(^^♪
何か最近、急に朝晩寒くなりました。
4月の半ばというのに・・・
お元気ですか。さいとうはもうすぐ花粉症の季節が終わりそうなので元気になりつつあります。

さて、今回は「補聴器メーカーはどこがいいの?」という質問を多くいただきましたのでお応えいたします。
それは各メーカーにより得意分野や得意な機能がありますので補聴器技能者と相談して「自分にとって必要な機能がついているもの」が一番良いメーカーになります。

例えば価格帯が広く、沢山の種類を用意してくれているメーカーは選ぶのは大変ですが、必要な物だけに絞って選べば価格も抑えることができます。


充電式補聴器が得意なメーカーもあります。
耳掛け型から耳穴型まで豊富に取り揃えています。

また各オーディオ機器やスマートフォンなどに接続がしやすい補聴器メーカーもあります。
アイフォン、アンドロイドなどメーカーを問いません。
パソコンなどのリモート会議などにも使いやすいですね。

目的に合わせて選べば価格も抑えられるし、自分にとって最高の一品になるのではないでしょうか。

是非、アレンズの補聴器技能者とご相談ください。
「オンリーワン」を見つけ出すお手伝いをさせていただきます。
アレンズさいとうでした(*^^*)


Alenz 2021-04-11



[逗子店] 2021-04-10

補聴器は高価な物の方が聞きやすいのか?

こんにちは!

昨日は冷え込みましたね。
体調管理が難しいところです。

コロナ禍でもありますので、健康には留意していきましょう。


さて本日は『補聴器は高価な物の方が聞きやすいのか?』というお話です。




結論から申し上げると、

そんなことはありません。

たしかに高価な物には、それなりに良い面も多くあります。

ですが、価格に比例してそれだけ聞きやすくなる、というものではありません。

逆に低価格の物は役に立たないか、というとそんなことはなく、

安い物でも十分耳に合う場合もあります。




また、片方に高い補聴器をつけるより、両方につけたほうが聞きやすい場合もあります。

補聴器の価格の評価は生活環境の違いや考え方等で変わるものです。

高い補聴器の方が聞き取りが向上するというのは違いますが、「快適さ」では軍配が上がると個人的には感じます。

補聴器は原則、毎日長時間使用するものなので、我慢しながら使用するのは良くないと思います。

わずかな不満が蓄積して、補聴器がすっかり嫌になってしまうこともあります。


むやみに高い物を購入する必要はありませんが、生活の質に関わるものなので、

十分検討して、納得のいくものを購入したほうが良いのではないでしょうか。


大浦





逗子店 2021-04-10



[逗子店] 2021-03-25

プログラム設定について

こんにちはー。

本日は「プログラム設定」についてのお話。



「マルチメモリー機能」なんて呼ばれていたりもします。

補聴器を使う状況や場所に応じて、その設定を変えたい時があります。

たとえば「うるさい場所での会話」「静かなところでの会議」「音楽を聴くとき」

「特定の人の声を聞くとき」「普段より少しだけ大きな音で聞きたいとき」などなど…

それらの設定(プログラム)のいくつかを記憶させておき、

補聴器のプログラム切り替えボタンやリモコンのスイッチで切り替えをして使う機能の事を言います。



プログラムは音質の設定だけでなく、テレコイル機能の利用の有無など様々な設定が出来ます。

あらかじめ、どのような調整や設定にしておけば良いかわからない、というような場合も、

プログラムを2つ設定しておいて、実際の状況で聞き比べて頂く、という事も可能になってくるわけです。




ちなみに、補聴器を触っているうちに誤ってプログラムを切り替えてしまい、

故障したと勘違いされるケースも少なからずある為、

特にお客様からの要望が無ければ、補聴器店では1つのプログラムしか入力していないこともあるのです。




逗子店 2021-03-25



[衣笠店] 2021-03-25

オープン?クローズ? 補聴器の耳栓のお話

こんにちは!

本日は、補聴器の耳栓について少しお話したいと思います。
最近はマスクの影響もあって、耳穴型(耳の穴ににすっぽり収まるタイプ)が人気ですが、
装用感の良さや、充電式などの機能面から、RIC型(下の写真のような耳掛け型の補聴器)をお選びになるお客様も多くいらっしゃいます。


マスクの取り外しの際に引っかかるというデメリットを除けば、小さくて目立たず、装用感も良く、色々な聴力の方に対応でき、機能面も充実…ということで、人気のあるRIC型補聴器。
細いコードの先端にある、この耳栓部分を耳に入れるのですが…


実は、この耳栓、穴が開いているタイプと、開いていないタイプがあるんです!
穴が開いている方をオープン、開いてない方をクローズと呼んでいます。
(そのままですね…)
さらに言うと、ダブルといって2重になっているタイプも。

この耳栓のタイプは、お客様の聴力や、聞こえのお好み、装用経験、耳穴の形状などから、
お客様に合うものをお選びさせていただいているのですが、実は、この耳栓の違いで、音の聴こえ方がだいぶ変わります。

例えば、穴の開いたオープンの耳栓は、空気の抜け道ができるので、こもり感がなく、自分の声も響きにくいというメリットが。

しかしながら、空気の抜け道=音の抜け道でもあるので、低音域の音(小さな音ではなくて、音階でいう低い音)が増幅できず、聴力によっては言葉が聞き取りにくく感じる場合も。また、補聴器で大きな音を出さないといけない場合、ピーピーと補聴器から音が漏れる「ハウリング」のリスクも高まります。

なので、比較的軽度の難聴の方や、低音域の聴力が良い方など、ある程度お勧めできる方は限定されるのですが、初めて補聴器を使う方で、自声の響きがどうしても気になるという場合に、まずはオープンの耳栓で慣れていき、補聴器の音に慣れてきたらクローズの耳栓へ変えていく…という方法をとったりもします。

さらに、クローズよりもより音漏れを防ぎたい!という場合は、ダブルにしたり、耳型をとって耳栓を作ったりします。

耳栓のサイズもいろいろあるのですが、既成の耳栓だと、どうしても合わない(抜けやすい、音が漏れやすい)という場合は、耳型をとってオーダーメイドの耳栓を作ることをオススメしています。

目立たないけれど、実は重要な耳栓。音の出るところに耳垢が詰まったりすると、音の聞えも悪くなるので、ぜひ定期的にお掃除やメンテナンスにお越しくださいね♪


衣笠店 2021-03-25