トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 衣笠店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2020-01-09

フォナック オーデオマーベルのご案内

こんにちは!衣笠店 認定補聴器技能者の彦坂です。

本日は昨年発売されたフォナックの補聴器
「オーデオ マーベル」をご紹介します。


オーデオ マーベルは、耳掛け補聴器の中でも
小型で、装用間の楽さが人気のRICタイプの補聴器です。
CES2019にてイノベーションアワードを受賞しています。

(つい先日、ソニーが自動車のコンセプトモデルを発表したのが、
米ネバダ州ラスベガスで開催されている「CES 2020」。
世界最大規模の民生技術の展示会です)




オーデオマーベルの特徴はたくさんあるのですが、
「しぜんな聞こえ」と「高い通信品質」に
まとめられるのではないかと思います。


特徴① オートセンスOS 3.0
フォナック の最大の特徴である「オートセンスOS」は
周囲の環境音を分析して補聴器が出す音を自然に変化させてくれます。
静かな部屋にいる時、賑やかな場所にいる時に、どこでも「いい音」に。

特徴② 両耳間音声通信
補聴器は両耳に装用するのが基本です。
片耳で聞くより、両耳で聞いた方が
自然ではっきりするのは自明かと思いますが、
フォナック では両耳の補聴器が互いに音声処理にあたって通信を行います。
電話の音声を自動的に両耳の補聴器から聞こえるようにしたり、
騒がしい中でひとりの声にフォーカスしたししてくれます。


③携帯電話・テレビと接続
スマートフォン、携帯電話と繋がるので
通話がダイレクトでききやすいです。また別売のテレビコネクターDを使用すると
テレビの音声も直接補聴器からきこえます。
ご家族の方と、ききやすいテレビの音量に差があっても大丈夫。
もう心配ご無用です!



めがねの荒木 衣笠店 では、このオーデオマーベルを
試聴・ご家庭へお貸し出ししております!
ぜひお気軽にお申し付けください。


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-01-09



[衣笠店] 2019-12-22

補聴器は両耳に(くれぐれも)

年の瀬も「押し迫る」といった言葉に
ふさわしい頃合いになってきました!
皆様年末のご準備はいかがでしょうか。

親戚でお集まりになる方、旅行される方、
お仕事の方!などお正月の過ごし方も様々ですが、
くれぐれもご体調を崩されないよう
ご自愛ください。


さて、めがねの荒木全店で
ただいま補聴器相談会を開催しております(^O^)/
この時期特に多いのが、
『お正月にしっかり孫と話がしたい!』というご希望です。
また、一方で多いのが
『初めてだから片耳で・・・』というお声です。

さて、困ったことにこの2つのご希望は大変矛盾を抱えています。

メガネもヘッドホンも1対で1つが当たり前。
耳は2つあるけれど補聴器は片方だけ、というのは
何らかの負担や、効果が十分に得られないことが多いのです。
(片耳が失聴されている場合など両耳装用に適さない例もあります)




また、効果の面だけでなく装用しない側の耳が
次第に衰えていくという研究結果もあります。

あとあとになってから両耳装用に変更しても、
すでに言葉を正しく聞き分ける能力が衰えてしまって
補聴器をつけても会話がよくわからない、というケースを
考えておかなければなりません。


きこえることは孤独に陥らず、
友人や家族としっかりとコミュニケーションをとって
生活の質を高めることにつながります。
補聴器をお付けになる場合は、
まずはしっかり効果を得ていただくこと。
ぜひ両耳でご装用ください。

また、調整が必要になりますので
是非「認定補聴器技能者」が在籍する
めがねの荒木までご相談ください!
以下よりご予約も受け付けております↓

https://www.vws.jp/hochoki-araki/reservation/


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-12-22



[衣笠店] 2019-12-10

☆補聴器相談ご予約承ります☆

こんにちは!
12月ですねー。
娘のクリスマスプレゼントに頭を悩ませている 正野崎です。
本当にサンタさんが実在すればいいのに…。笑 

さてさて、めがねの荒木では、補聴器にも力を入れております。
補聴器の相談をじっくりしたい、と思っている方に是非ご紹介したいのが、
「聞こえの相談予約」です。

荒木のホームページから、各店へ補聴器相談のご予約を承っております。
※補聴器ホームページはこちらから↓ 
 https://www.vws.jp/hochoki-araki/reservation/

それでは、荒木のホームページから、予約フォームまでの道のりをご案内します!
まずは、荒木のホームページを検索!(「めがねの荒木」で検索してください!)
すると、写真のようなトップページがでてきます。

赤い矢印の部分、「補聴器」をクリックすると、荒木の補聴器専用ページに飛びます飛びますっ!


そのまま下へスクロールしていただくと、「ご相談ご予約」とあるので、そこをクリック!



補聴器相談予約フォームのページが出てきます。



必要事項をいくつか記入していただき、一番下の「補聴器ご相談ご予約申し込み」を
クリックしていただければ、選択していただいた店舗にメールが届きます。



店舗で確認させていただいたのち、メールもしくはご希望の方へはお電話でお返事をさせていただきます。

そのほか、気軽にできる「お耳の聞こえチェックシート」などのコンテンツもございますので、
お気軽にのぞいてみてください!

補聴器が少し気になっている方は、まずは荒木の補聴器ホームページへ、GOです!


※ご予約フォームにも記載がありますが、店内混雑時は、ご予約時でも多少の待ち時間が発生する場合がございますので、予めご了承ください。



衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-12-10



[衣笠店] 2019-11-28

ここが違う!補聴器と集音器

ここ1週間で急に冷え込むようになりましたね❄︎
風邪をひいている方も多いかと思います、お大事に。。。


さて、今日は補聴器のお話を。

「集音器と補聴器ってどう違うの?」
「友達が補聴器が合わないって言うから、私は集音器を考えてる」という
ご相談をよく頂きます。
よく混同されがち、そして思い込みで購入して
失敗しがちな補聴器と集音器の違いについてご紹介します!



「聴力が低下したら補聴器を使用する」ということは何となくわかると思います。
一方で、見た目はそっくりでも『補聴器』ではない製品もあります。
『集音器』と呼ばれるものですね。新聞の通信販売の広告などで見かけることもあるかと思います。

では、補聴器と集音器の違いとは!?
大きく分けて4つにまとめてみました。

1)医療機器に認定されているかどうかが違う!

『補聴器』という名称で販売されている製品は
補聴器メーカーが厚生労働省に申請し、
厚生労働省から正式に医療機器として認定されているものだけです!

『補聴器』は薬事法で定められた管理医療機器として指定されているため、
効果や安全性などについて一定の基準をクリアする必要があり
個別の製品ごとに正式な認定を受けなければ製造販売はできないことになっています。

また、消費者保護の観点から、対面販売の義務と販売や広告宣伝においても制約があります。
つまり、管理医療機器である補聴器は、そうしたさまざまな厳しい制約や条件の下で製造・販売されているという裏付けによって、効果や安全性、信頼性が確立されているわけです。

一方、『集音器』や『助聴器』は医療機器ではありません。
医療機器である『補聴器』は、医療の本質に直接関与する機器であり
『集音器』とは全く違うカテゴリーの製品です!

2)対象者が違う!

補聴器は薬事法で定められた管理医療機器に指定されており、
聴力が低下してきた人や不自由な人が使用することを前提に
開発、製造されています。
機能面においてもそうした点を配慮した機能が搭載されています!
例えば、騒音の中で言葉を聞き取りやすくする機能や、
必要以上に大きな音を出して、耳を傷めることのないように
出力に制限をかけることができる機能、ハウリングを防止する機能などです。


一方、集音器は医療機器ではないため、
製造や販売する上での制約はなく、
難聴の人を前提としたさまざまな機能は搭載されていません!
あたかも難聴の人を対象にしているように謳っていますが、
一般的には正常な聴力の人向けにつくられているものが多いようです。


3)調整ができるかどうかが違う!

補聴器は使う人に合わせて調整できます。
聴力がどの程度低下しているのか、どんな音が聞きにくいのか・・・。
難聴の程度は人によって様々です。

どの周波数の音が聞き取りにくいのか、
どのくらい出力を上げると聞きやすくなるのか、どの程度雑音を抑える必要があるのか・・・。補聴しなければならないポイントも多岐に渡ります。
管理医療機器である補聴器は、
使用する人に合わせて調整しますから、調整を重ねることを前提にしています。

一方、集音器は調整を前提で製造されていません。
音量調節等の機能は搭載されている製品が多いですが、
個々の人の聴力や聞こえの状態に合わせて使用する製品ではないのです。


4)販売方法が違う!

補聴器は、"買って終わり"という製品ではないため、
販売も補聴器専門店や眼鏡店の補聴器コーナーなどでの対面販売です。
購入する際には、カウンセリングや聞こえのチェックを行い、
聴力や聞こえの状態に合わせて補聴器のフィッティングを行います。
また、購入後も、日常生活の中での聞こえの状況に合わせて
購入店で調整を繰り返すことでより自分に合った補聴器をつくり上げていくものです。

一方、管理医療機器ではなく、使用する人に合わせた調整を前提としていない
集音器は、通信販売や一般の電機店で「購入したらそれっきり」です。


補聴器と集音器は似ていても、
基本的には違う位置づけの製品です。
必ずしも集音器を購入することが良くないという訳ではありませんが、
補聴器と集音器が同じ機能を持っていて、
同じ効果が得られるという間違った認識を持たれることが多いことが問題です。

集音器には補聴器との区別がつかない製品もありますし、
広告では補聴器と同じような効果が得られるような表現も見受けられます。
誤って集音器を補聴器だと思って購入してしまい
満足な効果が得られないということ、
ひいては健康被害を引き起こす恐れがあるということが
大きな問題なのです。

大切なことは、まず、両者の違いをはっきりと理解した上で検討すること。
専門医や専門家に相談し、適切なアドバイスを受けることが大切です。
めがねの荒木では認定補聴器技能者がご相談を承ります!
ご自宅での2週間の貸し出しサービスも実施していますので
普段の生活の中でじっくりご検討ください。


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-11-28



[衣笠店] 2019-11-14

スマホで簡単!補聴器リモコン

こんにちは、肌寒くなってきましたね。

今日はスマートフォンでの補聴器操作についてご紹介します。
「最近は何をするにもスマホって・・・!」と、
ちょっと身構えてしまう方もいらっしゃるでしょうが、
今やほとんどのメーカーで実装されてる機能です。
簡単なのでスマホをお持ちの方には
ぜひご使用いただきたい機能です。


今日ご紹介するのはシグニア(旧シーメンス補聴器)の
補聴器リモコンアプリ「タッチコントロールアプリ」、
使用するのはiPhoneです。

まずはAPP Storeから“touchControl”アプリをダウンロード!
(シグニア、で検索すると出てきます)



アプリを開いて、「セットアップ」(補聴器とスマホを通信で結ぶ作業)を選びます。
今回はマニュアルセットアップを選択。


指示に従って操作すると
補聴器とスマホの繋ぐ作業(ペアリング)作業へ。
一度補聴器の電源を切り、再び入れます。
スマホが補聴器を探し出しつながると、
補聴器から電子音がなります。
「はい」を選択して接続完了♪

スマホアプリでは、これまでアクセサリーとして別売だった
リモコンでできることは、ほとんど実行可能です。
音の出し方の設定を変えたり。。。

音量の大小を変えたり。。。

周囲に合わせて、音の入る方向も手動で切り替え可能です。
とても分かりやすいデザインで
簡単にお使いいただけます。



ダウンロードは無料です、リモコンのご購入もおすすめですが、
スマートフォンをお持ちでしたらぜひお試しください!


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-11-14





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE