トップ > ニュース&ブログ



ニュース & ブログ (めがねの荒木 衣笠店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2022-01-07

高いお金を払ったのに補聴器がよく聞こえない!

こんにちは!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて本日は、実際に周りの方から聞いたこともあるかもしれません。

「高いお金を払ったのに補聴器が良く聞こえない!」
(私も親戚から、同じようなことを聞いたことがあります。)

そういった方へ向けた記事となります。


何度かブログで書いたかもしれませんが、

補聴器は買ってすぐに、その聞こえがよくなる、と言うわけにはいきません。


それは、脳が音の聞こえない状態に「慣れて」しまっている為です。

基本的に音は、耳で捉えて脳で知覚されるものです。

脳は『なまけもの』で現状を変えることに頑固に抵抗します。

聴力が悪い状態が続いていると、脳が音の聞こえない状態になれてしまい、

補聴器をつけて音が聞こえる状態になると、うるさく感じてしまうのです。

それを乗り越えないと、補聴器をうまく使うことが出来なくなります。




そこで、補聴器を使用するときは、

当店ではトレーニング感覚で装用することをおすすめしています。

まず最初は、目標とする調整値の7割を目安に音を大きくします。

最初から目標値でセットすると、うるさくて補聴器をしなくなる方が多くなります。

逆に70%未満であれば、音はするけど聞き取れなくて補聴器をしたメリットが無く、

これも補聴器をしなくなる方を増やすことに繋がります。

個人差はあれど、補聴器の音には1週間以内にほぼ慣れる方が多い傾向です。

こうして徐々に大きくして、3ヶ月以内に目標値に到達するようにします。



次に、補聴器を装用する時間ですが、

辛ければ少しずつ装用する時間を長くしていきましょう、とお話ししています。

しかし理想を言えば、毎日10時間ぐらいはしないと、

脳が補聴器の音が入ってくる状態に慣れにくいとも言われています。

あまり短いと、結果的に補聴器をしても聞こえない、という事になり、

これまた補聴器をしなくなってしまうことに繋がりかねません。

最終的には、11時間以上くらい装用できるようになれば良いようです。

従って、こまめに補聴器の音量調整をしながら、毎日長く補聴器を使って、

脳に音が入ってくる状態に早く慣れさせることが必要となってきます。





なので、やはりはじめにしっかりとご説明して、納得いただいたうえで、

補聴器をつけ続けられるように、しっかりと寄り添ってサポートしていくお店でないと

ダメなのではないかと感じます。

そういったお店や補聴器従事者が増えることで、

「高いお金を払ったのに補聴器がよく聞こえない!」

こういった声を少しでも減らしていけるのではないかと、

年の初めに、自戒も含め、しみじみと思った次第であります。



大浦



衣笠店 2022-01-07



[衣笠店] 2021-12-24

【リサウンド】世界初の耳かけ型補聴器

こんにちは!

スタッフの大浦です。

本日はデンマークのメーカー【リサウンド】の
世界初、耳かけ型補聴器のご紹介です。



『リサウンド ワン マリー』

従来の耳かけ型補聴器はマイクが耳の後ろに来る構造となっていました。

コチラの製品は耳の中に入る部分にも新たなマイクを配置することで、

集音効果を大きく改善させました。


前からも後ろからも、
本来の自分の耳が持っていた集音機能を
最大限生かせる使用になっています。

音の方向や空間もより実感しやすくなり、
雑音の入り方もかなり少なくなっています。


めがねの荒木衣笠店では試聴機を用意して、
どういった聞こえ方になるか実際に体験していただけます。

貸し出しも行っておりますので、
気になる方は、是非ご相談ください!



大浦




衣笠店 2021-12-24



[衣笠店] 2021-12-10

GNリサウンドがやってきた!

先日12月9日、めがねの荒木 衣笠店にて
補聴器メーカー『GNリサウンド』様をお招きし
補聴器相談会を開催いたしました!


日頃は認定補聴器技能者で各補聴器メーカーの
ご案内をさせていただいておりますが、
今回はまだ国内にも6台しかない
耳型の3Dスキャナーをお持ちいただきました。

耳穴型の補聴器は印象材という粘土のようなものを
耳の穴に流し込んで作るのですが、
3Dスキャナーを使うと
圧力による変形もなくより高精度に、
耳の負担もなく型取りができます。
終了後に私も体験させていただいたのですが、
時間も早くてびっくり!
ある程度の習熟は必要とのことですが
印象材の取り扱いと比べかなり簡単そうでした。
(なんか悔しいのは内緒です

当店ではGNリサウンドの最新機種を始め、
試聴用の補聴器をご用意しております。
当日はご予約以外のお客様にも多数ご来店いただき
大変盛況なイベントとなりました。
皆様のまたのご来店をお待ちしております(^ ^)



衣笠店 2021-12-10



[衣笠店] 2021-11-23

冬場の補聴器の注意点

こんにちは!

衣笠店スタッフの大浦です。

さて、本日は「冬場の補聴器の注意点」

コチラに関して、お話していきます。




冬は、まず何と言っても寒い!

暖冬といわれる年もありますが、それでも寒いものは寒い!

そこで気を付けたいのが、寒いところから暖かい場所へ移動した際の、

寒暖差による補聴器内部の結露です。


よく、梅雨時や夏場の湿気の多い時期は、

よりこまめなメンテナンス、クリーニングが必要だとお伝えしていますが、

空気が乾燥する季節であっても、寒暖差は考慮しておかなければいけません。

基本的には1~3ケ月に一回は、お店でメンテナンスしてもらうようにしましょう。

そして梅雨時や夏場、冬場には、その期間をなるべく短めにしていくことも必要になるということです。




2つ目は電池の消耗が早いということ!

一般的に、補聴器に使用する空気電池は、

乾燥していればしているほど、その消耗度合いが普段よりも早くなると言われています。

「なんだか最近、補聴器の電池の減りが早いなー」という場合は季節が関係しているかもしれません。


こればっかりは対策のしようがありませんが、電池式の補聴器を使用の場合は、

普段より少し余裕をもって電池を用意しておくことも必要になります。




最後に、同じ理由で乾燥剤の消耗も早くなります。

こちらも同じく、少し多めに購入しておくのもおススメです。


そして一番いいのは、季節関係なく、

1年を通して、定期的にお店に通ってメンテナンスをすることだと思いますw


以上、少しでも参考になれば嬉しいです。





衣笠店 2021-11-23



[衣笠店] 2021-10-25

補聴器で大きすぎる音を聞いたら

こんにちは。

朝晩はだいぶ冷え込むようになってきました。

秋も深まり、いよいよ冬の足音も聞こえてきそうです。

今年も残すところ2カ月...


毎年言っていますが、やはり早い( ;∀;)

あっという間に40代に突入していくのでしょうか



さて、先日お客様からこんな問い合わせをいただきました。

「補聴器は音を大きくするものでしょ?
もし目の前に雷が落ちたり、何かが爆発したりしたら、
大きな音は更に大きくなっちゃうの!?
そうしたらどうなっちゃうの!?
私の耳、壊れちゃうかもしれないの!!?」



落ち着きましょう。

補聴器は確かに音を大きくするものです。
ですが必要以上に大きい音が出ると非常に不快で、場合によっては耳を傷める可能性もあります。

難聴になると、小さな音は聞こえにくくなりますが、
大きな音に対しては健聴者と同じように不快に感じる人も多くいます。

そのための機能はきちんと備わっているので安心してください。

小さな音は聞こえやすいように大きく、
大きな音は不快にならない程度にとどめ、それ以上大きくならないようになっています。

機種やグレードによって少し差はありますが、
耳が壊れてしまうようなことにはなりません。

もしなるとしたら、それは補聴器をつけている、いない以前の問題になりますのであしからず。

大浦でした。





衣笠店 2021-10-25





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

ARCHIVE