トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 追浜店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[追浜店] 2021-07-24

「補聴器の医療費控除」について

 こんにちは!
 横須賀も、すっかり夏。
 今日も暑い日差しが照っています。

 今日は、日ごろお客様からよく聞かれる「補聴器の医療費控除」についてまとめてみます。



 難聴での障害者手帳を取得されている方は、補聴器購入にあたり公的な補助が受けられます。
しかし、障害者手帳を取得するレベルではなくとも、日常生活レベルで聞こえについて困っていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。そうした方が補聴器を購入する場合、今現在では医療費控除を受けられるようになりました。

 具体的には、2018年より、「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」の活用により、医療費控除を受けられることが、厚生労働省、財務省によって承認されました。

 超高齢社会を迎え、身体障がい者に限らず広く補聴器を活用することは重要ですが、補聴器は高額な医療機器であり、装用者、購入者にとって大きな負担となってしまいます。
 こうした制度がもっとレベルアップして、補聴器購入のハードルがもっと下がるといいなー、と思うこの頃です。

 医療費控除を受けるためには、以下の手順が必要となります。

①難聴患者は、まず補聴器相談医を受診し、必要な問診・検査を受ける。
②補聴器相談医は「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」に必要な事項を記入し*1、患者に手渡す*2。
③患者は補聴器販売店に行き、「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」を提出し、試用の後、補聴器を購入する。
④患者は「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」の写しと補聴器の領収書を受け取り、当該年度の確定申告における医療費控除対象として申請し、保存する。(税務署から求めがあった場合は、これを提出する。)



参照元:一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会HP http://www.jibika.or.jp/members/iinkaikara/fukusi_koujyo.html

 控除の額は、人それぞれとなりますので、たくさん戻ってきます!とは言えませんが、
少しでも補聴器購入の負担が減るのはとてもいいことだと思います。

 まずは「補聴器相談医」の資格を持ったお医者様に、診断してもらうことからスタートです。
ご不明な点は、ぜひお店にもお問い合わせください。


追浜店 2021-07-24



[追浜店] 2021-07-11

いよいよ登場!Signia製 耳穴式充電タイプ補聴器!

こんにちは!
梅雨がもうすぐ明けそうな横須賀。
今日はずいぶん暑くなっています。
熱中症などにお気を付けください。

さて今日は、来る7/20に、いよいよ待望の新しい耳穴式充電タイプ補聴器が
Signia補聴器(シグニア)【旧シーメンス補聴器】から発売されます。
その全貌が見えてきましたので、少しご紹介したいと思います。


その製品の名前は、「Signia Active」(シグニア アクティブ)。

見た目は、最近よく見かけるワイヤレスイヤフォンそのまま。
しかし、その小さな体に、最新のテクノロジーをこれでもかというほど搭載した最先端補聴器です。


「Signia Active」は上位機種の「Signia Active Pro」と合わせて、2種類が発売されます。

まず、それぞれに共通した仕様は、

①鮮やかな音で会話がもっと鮮明に
シグニア補聴器の最先端テクノロジーで、聴力に合わせて周波数帯ごとに音を細かく調整し、
聞こえに最適な音声処理を実現してくれます。
雑音をしっかりカットし、360°の音をよりクリア、よりリアルに再現してくれます。


②自動で環境を認識
超広角の音響センサーが周囲の環境を把握し、自動的に最適な音に調整してくれます。

例えば友人や家族と外食する時。レストランのざわめきや流れてくる音楽は背景に静かに残り、うるさく感じません。会話ははっきりと聞こえてくるから楽しんで集中できます。さらに後ろからウェイターが声をかけてきてもしっかり聞き取れる。このように音が多い場所でも混乱したり、イライラしたりすることはありません。


③充電式
これは言わずもがな、ですね。
電池交換が必要ないことが、こんなに楽だったとは!
すでに充電タイプをお使いの方は、もう実感しているはず。

さらに、Qi規格対応なので、充電パッドをお持ちの方は、載せるだけでOK!


⑤Bluetooth接続
テレビやスマートフォンと無線でつながります。
音声を直接Bluetoothで耳に届けるので、聞き取りづらい環境でもより高いレベルの聞こえを実現してくれます。



⑥スマートフォンがリモコンに
無料アプリで、スマートフォンが補聴器リモコンに早変わり。
音量調整や補聴器の状態の確認が簡単にできます。

また、アプリで「マスクモード」をONにすれば、マスク越しの会話も聞きやすくしてくれます。
まだまだマスクが手放せないご時世ですから、この機能はありがたいですね。


⑦いつでも聞こえをAIサポート
世界初の人工知能(AI)技術で、補聴器の使用を支援してくれます。
スマートフォンのアプリで、24時間、365日、「Signia Assistant」と対話形式でやり取りでき、
自分好みや環境にあった音に調整してくれるのです。




と、ここまで、盛りだくさんの機能をご紹介しました。
まだ私も実物を見ていないので、未知数な部分はありますが、
これだけの機能を目にすると、期待は大きく膨らみます。

ちなみに、上位機種「Signia Active Pro」は、
①チャンネル数48できめ細かい調整が可能(「Signia Active」はチャンネル数16)
②反響音を抑えてくれるエコーシールド搭載
③12kHzまでの高音域に対応し、より豊かな音色を実現
④風雑音抑制、突発音抑制などの快適機能が充実
などなど、さらに充実した機能が付いてきます。
上位機種としての快適性、先進性をしっかり示してくれていますね。

さらに、1年間の紛失保証もついているとのこと。
小さいものですが、高額なだけに無くしてしまうと大変・・・・
という不安にも、対応してくれています。

本体カラーは2色。


電池式のほうが、切れたときにすぐに取り換えられるなど、利便性が高い部分もあったりしますが、
充電式はやっぱり人気が高いです。
日々の手間を省いてくれるのは、大きいですね。

試聴機の到着が楽しみでなりません。
また、到着したら、実際のレビューも紹介したいと思います。

みなさんもより良い聞こえを楽しみにしてください。






Signia 公式サイト https://www.signia.net/ja-jp/hearing-aids/active/


追浜店 2021-07-11



[追浜店] 2021-06-29

噂のXセンサーとは?

こんにちは、追浜店スタッフ岡田です。
今朝まで降っていた雨もおさまり、梅雨の晴れ間といったところでしょうか?

シグニア補聴器から続々と新製品が発売されている「エクスペリエンスシリーズ(Xシリーズ)」
連日このブログでもご紹介させていただいています。
ではその一番の特徴は?
様々な機能がある中で、これまでのシリーズとの大きな違いが「Xセンサー」です。


Xセンサーのひとつめが「超広角センサー」
補聴器装用者の周囲360度の声や音を常に分析し、最適な音質に自動で変化する機能
これはXシリーズに搭載されている基本機能の一つ。
様々な場面で聞きやすさを向上させてくれます。

そしてふたつめが「モーションセンサー」
これは補聴器装用者が座っているのか、歩いているのか、その動きに合わせて
聞きやすくする機能です。(こちらはバリュー、ベーシックシリーズやシルクシリーズなど
搭載されていない機種がありますのでご注意ください)

その形状や充電タイプか電池タイプか?など補聴器選びには多くの選択肢がありますが、
やはり一番重要なポイントはその「きこえ」です。

店頭でお試しいただける補聴器も徐々に揃ってきています。
まずは体験してからお考えになってみませんか?
ご相談お待ちしています。


追浜店 2021-06-29



[追浜店] 2021-05-20

補聴器とマスクの相性について

今日は、1億総マスク時代における、補聴器との付き合い方について少しお話をしたいと思います。


補聴器というと、一般的なものは「耳掛け型」と「耳穴型」に分かれます。
そのうち「耳掛け型」は読んで字のごとく、耳にかけて使うものです。

そして、今ほとんどの人が外出時に欠かせないもの=「マスク」。
これもも耳に掛けるものですね。

一度につければ、干渉しあうことは必然です。
相性がいいとは決して言えません。

お客様からは、
マスクの付け外しの時に、補聴器も外れてしまう!
気付かない間に落とさないか不安。
メガネも掛けると3つも耳に掛けることになり、大変!!
というお声を、日々頂きます。
お困りの方が多いのが、コロナ禍の補聴器事情というわけです。

確かに、その通りなので、コロナ禍においては、
「耳掛け型」よりも「耳穴型」の販売が増えています。
これは当店だけでなく、日本全国そのようです。

しかし、もうすでに「耳掛け型」をお使いの方にしてみたら、
そんな簡単には買い替えもできない・・・という事情も、もちろん当然です。

そこで、「耳掛け型」をお使いの方に、
補聴器を外れにくくする対策を、簡単にまとめて紹介したいと思います。

①マスクを耳に掛けない

最近では、そもそも耳に掛けないタイプのマスクも出ているようです。
こうしたものであれば、干渉はしませんから、一緒に外れる心配もないですよね。

また、一般的なマスク用にも、耳に掛けないで使えるようなアイテムをつけることもできます。

こちらの商品は、当店でも扱っているので、ご興味のある方はご相談ください。


②補聴器を外れにくくする

「耳掛け型」にも、耳の中に入れる耳栓を型を取ってオーダーするタイプを取り付けることができます。
それを「イヤーモールド」と呼ぶのですが、
型を取って、ぴったり合わせることにより、脱落は殆どありません。

最近は、形もさまざま選ぶことができ、素材も付け心地も良いものもありますので、おすすめです。

カラーも豊富にあるメーカーもあります。

1万円前後から作れますので、補聴器を「耳穴型」に買い替えるよりは経済的です。


③外れても落ちないようにする

補聴器用のチェーンです。
外れても落ちないようにしてしまう方法ですが、見た目には目立ちます。

しかし、お洒落なものもたくさんあるので、かえって目立つようにオシャレしてみててもいいと思います。

当店が扱っているメーカーのカタログですので、ご参考に見てみてください。
http://www.dtandcompany.net/solista.catalog.pdf

と、簡単ではありますが、3つの方法をご紹介しました。
ニューノーマルに対応するために、様々な工夫が必要ではありますが、
快適に補聴器をお使い頂けたら、何よりですね。


追浜店 2021-05-20



[追浜店] 2021-04-20

補聴器の保証って?

こんにちは、追浜店スタッフ岡田です。

きこえにお困りの方にとって「補聴器」はとても大切なアイテム。
でも、お安いお買物ではありません。
当然、補聴器の購入を検討するに当たりいろいろご不安があると思います。

もしも壊れてしまったらどうしよう。
修理するのにも数万円かかってしまうんじゃないか。
なくしてしまったらどうしよう。

そこで今日は、その不安を和らげてくれる補聴器の保証について簡単にご紹介します。


まずひとつめが「修理に関する保証」
修理保証については各メーカーとも1年~3年の保証期間が設定されています。
保証期間内は正常な使用状態で発生した故障は原則無料で修理してくれます。
保証期間以降は、その経過年数によって一律費用にて修理、
さらにそれ以降は部品代+技術料というところが多いでしょうか。

無料修理期間、一律価格での修理期間は同じメーカーでも商品、またはグレードに
よって変わってきます。

シグニア補聴器の最新シリーズ「エクスペリエンス」の最上位クラス7Xでは、
修理保証期間3年プラス定額修理プラン、そして2年間に1回の「紛失保証」がついています。

もう一つの保証が「紛失保証」
文字通りなくしてしまった時の保証です。
各メーカーとも上位グレードの商品が対象になっていることが多く
その対象期間も異なります。
対象期間2年の間に1回とか、3年の間に1回など。

GNリサウンドの最上位グレード「リサウンド・ワン・マリー9」では
修理対応期間(同じ補聴器を用意できる期間)終了時までなら2回まで
対応してくれるという太っ腹な保証も。

装着時の落下による紛失については、補聴器用チェーンを使うことで
防ぐこともできます。
多少目立ちますが、落としたくないというお客様にはおすすめの商品です。

故障、破損、紛失、盗難などないに越したことはありません。
しかし、起こり得る将来のトラブルに備える保証も必要なのは当然のこと。
「きこえ」には直接関係ありませんが、保証内容を確認したうえで
補聴器を選んでいただくとより安心ではないでしょうか。

保証内容は各メーカーとも機種、グレードごとに異なりますのでスタッフまで
お気軽にお問い合わせください。


追浜店 2021-04-20





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

ARCHIVE