トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 追浜店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[追浜店] 2020-02-21

難聴の予防について

みなさん、こんにちは!
横須賀も冬の寒さが和らぎ、だんだん春の気配が出てきました。

さて、今日はお店でよく聞かれる「難聴は予防できるのか?」というご質問についてお話します。


そもそも難聴というのは、原因において多種であり、一言に予防できるのかというと回答できませんが、
補聴器を利用される方で最も多いのが「加齢性難聴」ですので、
その点についてお話をします。



加齢性難聴は加齢とともに誰でも起こる可能性があるのですが、
加齢性難聴を悪化させる原因として、
糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化、喫煙、過度な飲酒、騒音などがあります。
糖尿病があると加齢性難聴を悪化させることが全国規模の疫学調査であきらかになっています。







動脈硬化や高血圧などの生活習慣病があると、内耳や脳の血流が悪くなって、聞こえの機能に悪影響を及ぼすとされています。喫煙やアルコールのとり過ぎは、動脈硬化や高血圧の悪化に深く関係するので、特に注意が必要です。これらの原因を取り除くことが、加齢性難聴の予防になります。


とどのつまり、規則正しい生活、バランスのいい食事などを意識し、
生活習慣病の予防に努めること・・・・
これが一番大事のようですね。

また、環境を整えることも大切です。騒音などは体の中に「酸化ストレス」を増加させ、正常な細胞の組織を壊してしまうため、難聴を起こしやすくするといわれています。
大音量での音楽鑑賞は要注意ですね!



いずれにしても、日々の積み重ねで、耳の状態が変わっていくことは間違いありません。
また、ご年齢とともに徐々に聴力が低下していくのも、中々避けがたいものです。

聞こえの事で気になることがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。


追浜店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-02-21



[追浜店、衣笠店、逗子店、Alenz] 2020-02-13

補聴器の操作を簡単に!補聴器リモコンのご紹介☆

こんにちは!

最近4歳の娘が懐かしの『セーラームーン』に少しハマッていて、
ドンピシャな私もつい懐かしくて一緒に楽しんでいる 正野崎です。
ちなみに私はセーラーマーズ推し!実写だと、北川景子さんが担当されている子です(´▽`*)

さて、全然関係ない話をしてしまいましたが、、、
今日は補聴器のリモコンをご紹介!

補聴器の細かい音の調整は、お店に来ていただいて、
担当者が専用のソフトを使用して行いますが、、、
 
簡単な音の上げ下げや、プログラムの切り替えなどは、お使いいただいている
ご本人様でもできるんです。
補聴器についているボタンで操作する方法もありますが、
ただでさえ小さな補聴器についている小さなボタンを押すのは、
ちょっと大変。。



そこで、便利なのが補聴器用のリモコン。

ボリュームの上げ下げ、プログラムの切り替えボタンが
一目瞭然。

※鍵はついていません。

片方だけで補聴器を使用されている場合は、
本体で操作できるのはボリュームとプログラムの切り替えどちらかひとつ
になってしまうので、そんな場合もリモコンが便利です。
 
 
※すべての補聴器でリモコンが使えるわけではありませんので、
詳しくは店頭にてご相談下さい。


追浜店、衣笠店、逗子店、Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2020-02-13



[追浜店] 2020-02-11

補聴器電池のはなし

こんにちは、追浜店スタッフ岡田です。

2月10日のブログ「決算セール!実はこれもお買い得なのです...」で
ご紹介したお買い得な補聴器電池。



https://www.optical-araki.co.jp/staff_blog/index.html?shop=&id=1523

今日はその「補聴器電池」のお話をちょっと。

ご存知の通り、補聴器用空気電池は4種類。

サイズ 10(PR536) 黄色
サイズ 312(PR41) 茶色
サイズ 13(PR48) オレンジ
サイズ 675(PR44)  青

サイズごとのカラーコードは世界共通。電池のパッケージや、電池の裏のシールの色で
判断できますね。

その裏面のシールをはがすと、空気中の酸素を取り込み使用できるようになります。
一度はがしてしまったシールを貼り直しても、はがす前の状態には戻りません。
電池のシールは必ず使う前にはがすこと、そしてシールをはがした後はすぐに
使用しないのがポイントです。
1~2分酸素を取り込んでから使用することで、十分に電池性能を発揮することができます。

補聴器電池の適切な保管温度は10℃~25℃。
暑すぎても寒すぎても十分に電池性能を発揮できません。
特にこの冬場は、暖房機から発生する二酸化炭素や乾燥の影響で電池寿命が
長い時の6割前後に短くなることがあります。
お客様から、電池がなくなるのが早いというご相談をうけることが多いのは
やっぱり冬場です。
定期的に部屋の換気を行ったり、逆に電池が冷えている場合は体温で温めてから
使うといいみたいですよ。


追浜店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-02-11