トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2019-09-28

補聴器の耳型調整をしています

こんにちは!
衣笠店では増税前ということもあり、
このところたくさんのお客様にご来店いただいています、
ありがとうございます。
長くお待たせしてしまう方もおいでで申し訳ございません。
ご注文いただいた皆様、完成まで今しばらくお待ちくださいませ⭐︎


さて、今日はそんな増税とは(ほぼ)関係のない
補聴器のお話です。


補聴器にはご自身の耳の型を採取して作るものがあります。
耳掛け式補聴器の一部と
耳あな式補聴器です。
耳にぴったりとあった形状なので、
音がしっかり伝わる反面、ご自身の声や咀嚼音がこもって聞こえてくるという面があります。

ご存知のお客様はかなり少ないのですが、
この2つ、実は補聴器の性能以外にも
耳型の形状で聞こえ方が変わってきます!



装着感や聞こえ方を変えるために耳型を修正する場合、
補聴器メーカーに送って再作製することが一般的です。
ただ、とても10日以上は時間がかかる上に
受け取りまで仕上がりの感じを試すことができません。
そこで大事なのが
店頭で対応ができるかどうか、です。
上の写真のように、直接その場で修正できれば
スムーズで負担も少ないですよね。


もともとの耳型だとこもり感が強い場合は・・・

こんな風にベント(穴)をあけたり、
先端部分を大きく削ったりすることで
自然な聞こえ方になります。

先端側からみるとこんな感じ
実はこの耳型、私の耳型を作ってもらって
自分で音の聞こえ方を比べながら修正してみたものです。

修正前の状態だと音はしっかり聞こえるのですが、
常に耳が塞がれている感じが強い感じ。

途中、穴あけだけだったり先端部分の削りなどをやってみましたが、
いまの私には穴あけと先端部分を削り取った状態が
しっかりきこえて、音も自然な感じになりました。


音の聞こえだけでなく
装着した時に張る感じがする、痛い、きついといった
サイズ調整も可能な限りで店頭で承っています。
ご使用中の補聴器で気になることがございましたら、
是非お気軽にご相談くだいさい⭐︎



衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-09-28



[逗子店] 2019-09-27

認知症と難聴

こんにちは!
本日は日本における「認知症と難聴」についてのお話です。

現在、日本の認知症患者は約462万人と言われており、高齢者の4人に1人は認知症、またはその予備軍と言われています!
結構、多いですよね・・・
認知症発症の危険因子として「難聴、加齢、遺伝性のもの、高血圧、糖尿病、喫煙、頭部外傷」などがあげられます。
難聴の早期診断、早期発見、そして補聴器による聴覚補償は、認知症の発症予防につながる可能性があります。
人の聴力は30歳かうらいから低下し、60歳代から聴覚の老化がさらに進むと言われています。しかし加齢による聞こえにくさは徐々に低下するため、本人も気づかないまま対応が遅れることが少なくありません。
聴力が衰えると、次第に会話も困難になってきます。聞いて理解することが大きな負担になり、家族や友人との交流が次第に不足、精神が低迷し、認知症につながっていく可能性があります。
聞こえの問題はまず自覚と認識からです!
以下の「聞こえの自己評価表」でぜひチェックしてみてください。
もし聞こえに不安を感じたら、ぜひご相談くださいませ。



逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-09-27



[追浜店] 2019-09-21

補聴器のご相談は簡単予約!

みなさん、こんにちは!
横須賀は、夏の暑さも落ち着いて、だんだん秋めいてきましたね!

今日は、補聴器のご相談についてのご案内です。

初めての方はあまりご存じないことですが、
補聴器をお試しいただくご相談は、それなりに時間が掛かります。





ご来店いただいてからその場ですぐ試せるというモノでもなく、
問診から始まり、聴力のチェックや、補聴器を装用してからのテストなど、
実際に行う作業はいくつかあります。



所要時間は個人差がありますが、平均するとおよそ1時間半ぐらいは掛かるのが一般的です。

また、スタッフや機材の数も残念ながらまだまだ限られているため、
同じ時間帯で多くの方を同時にご案内することも難しいのが実情です。




これはこちらの都合にもなってしまいますが、お客様をお待たせせず、
スムーズにご案内させていただくために、
補聴器のご相談は事前にご予約いただいた方を優先的にご案内しています。



ホームページの最初のページにあるこのバナーか、

他のページのこのバナーを押していただくと、
ご予約受付に進んでいただけます。


https://www.vws.jp/hochoki-araki/reservation/

リンクも貼っておきますのでどうぞご利用ください。

また、電話でもご予約は受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご予約いただくことで、安心してご来店いただけますので是非オススメです!


追浜店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-09-21



[Alenz] 2019-09-18

補聴器の仕組み!

こんにちは!
アレンズさいとうです\(^o^)/

「昨日は暑い、今日は寒い、明日は暑い」体がどうにかなりそうです(^_^;)
最近ではお医者様が夏バテならぬ「秋バテ」なるものをテレビで話していました。
寒暖が激しく自律神経が追い付かなくなり、疲れや頭痛、めまい、食欲不振などが起きるそうです。(私は食欲ありますが・・・)
まるで夏バテです。何とかみんなで乗り切りましょう。(^^)/

さて、補聴器は最近かなりいろんなことが出来るようになりましたが基本の構造はいたってシンプルなのです。
基本の構造は・・・


「えっ、こんだけ?」そう、これだけなんです。マイク→アンプ→レシーバーだけで補聴器になってしまうんです。
(実際には出力制限やハウリング防止装置、雑音抑制装置など430もの項目を国に届け出するのでこんなに簡単ではないのですが・・・)
耳穴補聴器も耳掛け補聴器も構造の基本はこれだけです。

ここに、プログラム変更や、ボリューム、バッテリーボックス、アナログ信号からデジタル信号に変更する装置など、今販売されている補聴器はいろいろな装置が付加されているので実際にはもう少し複雑になります。

パッキンだけでも・・・

「なんだ全然違うじゃん」スミマセン。基本構造だけの話がマイク→アンプ→レシーバーだけで、実際は複雑になっています。
アンプもコンピューターが制御していて、最近はメーカーの「AI、補聴器特化型の人工知能」に繋がっているものも出てきました。
利得調整(周波数によって出す音量が違っています)、出力制限、マイクの入力制限など複雑になってきているのでコンピューターが必要になってきました。これからも、もっと聞こえが良くなっていくことでしょう。
是非、耳でお困りの方がおられましたら、認定補聴器技能者のいるアレンズでご相談ください。
お待ちしています!(^^♪


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2019-09-18



[衣笠店] 2019-09-14

5秒でできる!きこえの簡単チェック

こんにちは!
空が高くなって秋を感じられるようになりましたね。

めがねの荒木衣笠店では、
秋の補聴器相談会を開催中です⭐︎


補聴器の試聴、貸し出しをさせていただいていますが、
補聴器を試す前に
聴力測定だけのご相談もどうぞお気軽にお申し付けください!


。。。とはいえ、
いざ相談するとなると、なかなかハードルが高いのではないでしょうか。
「聞こえていなくても、場の空気が気になってついつい聞こえているフリをしている」
「分かってはいても周りの目が気になって。。。」というお声も多いです。
ご相談にも少なからず躊躇いがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで、めがねの荒木 衣笠店では
5秒でできる聞こえのチェック『AudioPen(オーディオペン)』をご用意しています⭐︎



専門店での聴力測定では一通りの手順を踏まえると20〜30分程度のお時間をいただきます。
低音〜高音まで、どの程度の高さの音がどの程度の音量で聴こえるのか、
音による言葉の理解はどの程度か、などを詳細にお測りするためです。

このAudioPenは、
一部の音の高さを抜粋して、
わずか数秒できこえのチェックができます!


ペンを耳の入り口にかざしてチカっと1回
(1,000ヘルツ)。

もう一度、チカっと
(4,000ヘルツ)。

軽度難聴を想定した音量設定で、わずか数秒でチェックすることができます。

○両方の音がきこえる
→標準のききとりレベルです

○両方、またはどちらかの音が聞こえない
→聴力が低下しているかもしれません


小さい音なので、「こんなの聞こえなくて当たり前」と思われる方も
いらっしゃるかもしれません。
しかし、聴力の低下は30代からはじまりまっています。
また、難聴は認知症の原因とされるほど、コミュ二ケーションは健康に大切なもの。
しっかり聞いて、理解する能力の維持するためにも
気をつけておいて損はないかと思います。
ぜひお気軽にお試しください!


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-09-14





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE