トップ > ニュース&ブログ



ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2021-11-23

ハウリングの原因と対策

こんにちは。
本日はハウリングの原因と対策についてお話をしていきたいと思います。

そもそもハウリングとは…
補聴器から出された音を補聴器が拾い、その音をどんどん増幅することで「ピーピー」と音がなったりする現象の事を言います。

補聴器を外しているときや、補聴器の耳栓部分の入りが弱く音が漏れているときにも「ピーピー」と音がなる場合があります。



では、どういう対策が必要なのでしょうか。

①耳栓部分を見直し、補聴器が出す音が耳の外に漏れないようにする

②補聴器が持つ機能の一つ「ハウリング抑制」を活用する


今回は「①耳栓部分を見直す」という点に触れていきたいと思います。

耳栓部分と言われてもピンとこない方は、下の写真をご確認ください。


もし耳の穴より耳栓が小さかったら…
もちろん音は漏れてしまいますよね。

逆に耳の穴より耳栓が大きかった…
きちんと入らず耳から飛び出してしまう事も。

というように、耳栓のサイズを見直すことが第一の手段と言えます。

写真のように耳栓部分を適切なサイズに変えることでハウリングを抑えることが出来ます。
ただし、聴力の程度によっては既製の耳栓では対応が出来ない場合もあります。

そのような場合は「イヤーモールド」と言われる耳型を取って作製した耳栓を使用することで対応致します。いわゆる「オーダーメイドの耳栓」です。

中には、すでにオーダーメイドの耳栓を使用している方でも、ご年齢とともに耳穴の形が変化して音が漏れてしまっているというケースもあります。そういった場合はイヤーモールドの再作が必要かもしれません。


ハウリングはきちんと補聴器が入っていないという合図ですので、本来耳に届くはずの音が漏れて聞こえに影響している可能性もあります。
ですので、もしお友達やご家族からピーピーなっているよと言われた際には、ぜひ耳栓のチェックにお立ち寄りください。
ご来店お待ちしております。


逗子店 2021-11-23



[衣笠店] 2021-11-23

冬場の補聴器の注意点

こんにちは!

衣笠店スタッフの大浦です。

さて、本日は「冬場の補聴器の注意点」

コチラに関して、お話していきます。




冬は、まず何と言っても寒い!

暖冬といわれる年もありますが、それでも寒いものは寒い!

そこで気を付けたいのが、寒いところから暖かい場所へ移動した際の、

寒暖差による補聴器内部の結露です。


よく、梅雨時や夏場の湿気の多い時期は、

よりこまめなメンテナンス、クリーニングが必要だとお伝えしていますが、

空気が乾燥する季節であっても、寒暖差は考慮しておかなければいけません。

基本的には1~3ケ月に一回は、お店でメンテナンスしてもらうようにしましょう。

そして梅雨時や夏場、冬場には、その期間をなるべく短めにしていくことも必要になるということです。




2つ目は電池の消耗が早いということ!

一般的に、補聴器に使用する空気電池は、

乾燥していればしているほど、その消耗度合いが普段よりも早くなると言われています。

「なんだか最近、補聴器の電池の減りが早いなー」という場合は季節が関係しているかもしれません。


こればっかりは対策のしようがありませんが、電池式の補聴器を使用の場合は、

普段より少し余裕をもって電池を用意しておくことも必要になります。




最後に、同じ理由で乾燥剤の消耗も早くなります。

こちらも同じく、少し多めに購入しておくのもおススメです。


そして一番いいのは、季節関係なく、

1年を通して、定期的にお店に通ってメンテナンスをすることだと思いますw


以上、少しでも参考になれば嬉しいです。





衣笠店 2021-11-23



[Alenz] 2021-11-19

言葉が聞き取りにくい2

こんにちは!

アレンズさいとうです(^^♪

朝晩の冷え込みが大したことが無かったのですが今朝は久しぶりに冷え込みました。いよいよ冬がやってきますね。
皆様、お元気ですか。

さて今回は「言葉が聞き取りにくい」についてお話してみたいと思います。
環境によって言葉は聞き取りにくくなります。例えば体育館や美術館、博物館のような場所で言葉が聞き取りにくくなる事があります。なぜでしょうか?

難聴者にかかわらず、体育館やホールでスピーチを聴いている時、すっきりと聞こえず、話の内容がよく分からなかったという経験がありませんか。この、音がすっきりと聞こえない原因は、反響音にあります。
ではなぜ反響音が起こるのでしょうか。空気を伝わって聞こえる音は、一般的に1秒間で約340mも進みます。室内で発せられた音が床や壁、天井等の反射面にぶつかって返ってきて、さらに進んでまた反射面にぶつかることが繰り返し発生します。このように、往復して生じた音が「反響音」なのです。


ではなぜ「反響音」すると聞き取りにくいのでしょうか?
お風呂や銭湯でよく音が響くのをイメージしていただくと分かりやすいと思いますが、話し手から直接届く音とは別に、壁や床、天井で跳ね返った反響音が後から少し遅れて耳に届きます。この反響音はノイズとして働くので、健聴者、難聴者を問わず、音の明瞭度が下がり、聞き取りに悪影響を与えるといわれています。特に難聴の場合、雑音が多い環境では聞き取りがさらに難しくなるので、しっかりと聞き取れない、もしくは耳の負担が増えて疲れやすく感じることが多いでしょう。

反響する環境は意外と多いものです。
博物館や美術館等の広い空間では、声があちこちに反響します。タイル張りの床を歩く足音も大きく響きます。同行者だけではなく横からガイドが話しかけてきます。しかも小さめの声で話しがちです。。。難聴者にとって、とても疲れる環境ですね。このような状況は文化的な場所だけではなく、実はいろいろな日常の場に存在します。例えば、デパートやホテルのロビー、地下鉄のホーム、空港でも同様のことが起きるのです。


最高クラスの補聴器には、反響音を抑制する機能が搭載されていてワンワンする音が抑えられ聞きやすくしてくれますがとても高額です。(両耳で100万円!)
出来れば周りの方が難聴者の方に気遣いをして、補聴器をしていれば近くで優しく話し掛けてあげると聞き取りやすくなります。

聞こえでお困りの方は是非アレンズ認定補聴器技能者とご相談ください。

アレンズさいとうでした(*^^*)


Alenz 2021-11-19



[Alenz] 2021-11-09

「聞こえない」とは?

こんにちは!

本日はしっかりした雨が降り続けています。
季節の変わり目を感じます。きっと寒くなるんでしょうね。
ウーッ、寒いのは苦手なさいとうです
お元気ですか(^^♪

さて本日は難聴が始まるとなぜ言葉が聞き取りにくくなったり早口が分からなくなったり雑音の中で聞き取りにくくなるのでしょう。詳しく解説いたします。



「聞こえない」にはいくつかに分けて考えることができます。

(言葉を聞き分けられなくなる)
音を感じる内耳や聴神経及び中枢の働きが悪くなると、言葉を聞き分ける能力が低下します。この症状が出ると、ただ単に音を大きくするだけではよく聞こえません。

(聞きたい音を選別できなくなる)
本来、聴力には耳と脳の協力作業で多くの音の中から聞きたい音を選ぶ能力があります。しかし、聴力が低下すると、内耳による音を識別するフィルタの機能が劣化する場合があり、音を選び出せなくなってしまいます。そのため、雑音の中から聞きたい会話の音を聞き分けることができないなどの症状が出るのです。



(早口の会話が聞き取りにくい)
早口で話されると、会話の内容がわかりにくくなる、または、全くわからなくなることがあります。年齢を重ねるにつれ、手足や体の動きが緩慢になり、若い時のように俊敏に動けなくなります。耳も同じように耳に入った会話音声を瞬時に処理できなくなります。また、雑音の中から聞きたい音を選び出すことが困難になってきます。これらの症状の多くは、耳から入った音を中枢で処理する時間が長くなったために起こるといわれています。また、左右の耳に達する音の微妙な時間的ズレを脳が識別しにくくなることによっても起こります。


以上のように聴力が低下(難聴になる)すると、小さな音が聞こえないだけではなく、言葉が理解しにくくなったり、周囲の雑音(騒音)のために会話がうまくできなくなったりします。
補聴器は言葉を聞き取りやすくしてはくれますが、若い時のように会話が聞き取れるわけではありません。周りの環境や、話すスピード理解力によって変わってきます。周りの方はゆっくり、ハッキリ普通の声の大きさで話し掛ける必要があります。
(補聴器により音程(ヘルツごとの修正)や音の大きさは適正になっています。大きな声は必要ありません。)
補聴器使用者本人は自分にとってしゃべり方が早かったり、声が大きいようであれば「もう少し声の大きさを抑えて、ゆっくりしゃべってね。」と相手に伝えて下さい。
世界のどこよりも日本は優しい国なので、難聴者のことを理解できればきっと難聴者にとってとても過ごしやすい国になるのではないでしょうか。


聴力相談は是非ご家族とお越し頂き、認定補聴器技能者とご相談ください。

アレンズさいとうでした(*´ω`)


Alenz 2021-11-09





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

ARCHIVE