トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2020-01-25

補聴器は焦らずじっくり、ゆっくりと

こんにちはー。

寒い日が続きます。来週は関東も雪が舞うかもしれません。

皆様、体調管理には十分気を付けましょう。

さてさて、本日のタイトルは

「補聴器は焦らずじっくり、ゆっくりと」

何のことか

これは、補聴器の「慣らし期間」のお話しです。


実は私、「慣らしてください!慣らしてください!!」て連呼するのはあまり好きじゃないんです。

プロだったら、なるべく早く快適な聞こえ方を提供して然るべきだろ!

もともとはこういう考え方で、メガネにおいても同じ考え方だったんです。






でもでも、で、も、ね....

補聴器というものに携わるようになって気付いたんです。


これは慣らしていかなければダメだ、と。


何故か?

快適な聴こえのためには、補聴器からの“聴こえに合わせた適切な音量”が必要になります。

しかし補聴器が必要な方というのは、徐々に聞こえが低下して、

世の中の音が、小さく聞こえている感覚が普通になっている方とも言えます。

その方が、いきなり“適切な音量“を聞くと、慣れていないため急に騒がしくなったと感じてしまうのです。

今まで全く意識していなかった車の行き交う音、食器の当たる音、紙をめくる音、トイレの水を流す音など・・・

普段の生活音が、急に大きくなると非常にストレスです。

また、それを避けるために音量を抑えて設定すると、うるささは軽減できるのですが、

言葉の聴き取りが悪くなってしまいます。


多くの方が、補聴器を着けたその瞬間から、昔聞こえていた状態に戻るものと考えていたり、

期待されたりしているのが現状ですが、現実は、そう上手くはいかないのです。



ではどうすれば良いのか....

"慣れ”ていくしかありません。

それも「焦らずじっくり、ゆっくりと」慣れていく必要があるのです。


そしてそれは、ご購入されたお客様任せにせずに、

提供した我々が、お客様と一緒にしっかりと計画を立てて、

理想的な聞こえのためのゴールを設定して、ともに一歩一歩ゆっくりと

サポートしながらやっていかなければいけないと考えております。

その期間は早い方で1か月ほど、長い方だと半年以上かかる方まで様々です。

それをトレーニング形式で行っているのが、

「90日間の補聴器トレーニング」となります。




詳しくはこちら→ https://www.hochoki-araki.jp/aftercare/90days.html

  
  
  
  
  
当店では補聴器の無料貸し出しというのを行っております。

ご希望されたお客様には1週間ほど試聴機のお試しをして頂きますが、

ここで重要なのが、何の「お試し」なのか?ということです。

もちろん快適に聞こえるに越したことはありませんが、

上述したとおり、「慣れ」に掛かる期間が最低でも1か月ほど掛かるものなので、

貸出期間中に快適な聞こえを提供できるかは定かではありません。

貸出期間中に何を試すのか....




それは「補聴器が普段の生活の中に馴染めるか」ということです。

着け外しはもちろん、

いままで無かった機械とともに過ごす生活が、今までと同じように送れるものなのか、

という部分について試して頂きたいのです。

もちろん、不安はあると思います。

ですが、その不安を取り除くことが、我々の真の役割だと思っております。


ご不明な点は、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。



大浦



逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-01-25





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE