トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2020-04-16

補聴器の限界!

こんにちは!

アレンズさいとうです(^^♪

コロナが終息するのかしないのか先が見えません。
しかしそんな中でも私たち補聴器技能者は聞こえでお困りの方がたくさんいることを知っているので、出来る限り聞こえのお手伝いが出来るようこれからもコロナに負けずに頑張ってまいります!

さて今回は「補聴器の限界」についてお話ししたいと思います。
私たちの耳の能力は(脳の能力)ものすごくすぐれたものとなっています。
例えば遠く離れた音や言葉を聞き取れる能力を持っています。しかしこの能力もだんだんと衰えてまいります。多くの聴き取り能力が失われてしまったときに、補聴器は私たちにもう一度、言葉が分かるようにしてくれる道具です。しかしそんな補聴器にも限界はあります。一見、万能に見える補聴器も「若いころの様に」なるわけではありません。
例えば「遠く離れた言葉も聞き取れる。」ことはできません。また複数人で会話しているときに、あるいは周りの雑音が大きい時に聞き取ることが困難な方もいます。
(もちろん失われていない能力を生かして聞き取れる方もいます。)




これは補聴器の性能が悪いわけではなく、私たちの脳が若いころの様に「聞き分け」が出来なくなってきていることが原因です。
しかし実際にお仕事を現役でこなしておられる方には大きな損失です。そこで最近では補聴器に補助器具を使い、さらに聞き取りを向上してくれるものが登場しています。
各メーカーいろいろありますが、ここでは「フォナック社」の「ロジャー」を紹介させていただきます。

まずは遠く離れたときにとても役に立つロジャーペン!



講習会や学校、仕事上どうしても離れた人と会話が必要な方に役に立ちます。
騒がしい中でも聞こえを助けてくれます。
話し手にロジャー iN マイクロホンを身に着けてもらうことで、最大50m離れても聞くことができます。

続いて複数人での会話や、会社での会議などで聞き取りを助けてくれるロジャーセレクト!

色々な方向から話しかけられたときに、マルチビームテクノロジーにより、会話音と騒音の比率を毎秒数百回解析し、6方向/360度、その瞬間の話し手の声をビームのように捉えます


また、周囲の騒音レベルをマイクが常時監視し、自動的に適切な音量に調節します。

このように最近は各社、補聴器の周辺機器にも力を入れてきているので、お困りの方は是非、補聴器技能者と相談してみてください。
アレンズさいとうでした(*^_^*)


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2020-04-16





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE