トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (Alenz イオン久里浜店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2020-05-24

フォナック補聴器新製品紹介!

こんにちは!

イオン2Fアレンズのさいとうです(^^♪
皆様、お元気ですか。
アレンズはコロナ対策をして朝9時から夜8時まで頑張って営業中です!
眼鏡や補聴器でお困りの方は是非ご相談ください。

さて、今回はフォナック補聴器から新製品のご紹介です!
今まで補聴器との通信機器は多くありましたが大体はブルートゥース機能を使っての通信です。
今回ご紹介するのは安定した通信「デジタル方式でのデジタル補聴システム(ロジャー)」を使った機器類と耳穴補聴器です。
デジタル通信方式ロジャーは送受信が強く安定して遠くまで飛ばせて近くにいても混線しないところが良いところです。学校でも使用されている安全性の高い通信方法です。
その中でも特に一つで色々使える「ロジャーセレクトIN」をご紹介いたします。


写真のようにテーブルに置いていただき、話をすると自動で周りの雑音を抑えて聞き取りを助けてくれる機械です。補聴器だけでは難しいような場所で威力を発揮します。特にレストランなどにぎやかな場所で威力を発揮します。


ロジャーセレクトIN」が拾った音声を補聴器へクリアな音声でダイレクトに届けます。

そしてこの「ロジャーセレクトIN」はパートナーに着けてもらえば車の中や騒がしい駅などで聞きやすくしてくれます。


そしてテレビと繋いだ専用機器に乗せて使えばはっきりと補聴器を通して聞こえます。


今まで耳掛けでしかできなかった通信がついに耳穴でも使用できるようになりました。

スマートフォンやロジャーシステムを使って、快適な聴力生活をお送りください。

聞こえのご相談はアレンズまで。(^^♪


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2020-05-24



[Alenz] 2020-05-02

超極小補聴器Silk NX!

こんにちは!

お元気ですか(*^_^*)
最近はどこのテレビチャンネルを見てもコロナの話題で持ち切りです。
大変なことになってますが、ここは世界との違いで法的拘束ではなく、日本人の団結力で乗り切ってまいりましょう。

さて、今回は「ついに補聴器はここまで来たか!」です。
まずは見ていただきましょう。


「んン??」よく分からないですよね。耳の穴が黒くなっているのが補聴器です。
あまりに小さいので分かりやすく撮影したものなのですが、人によっては耳の中まで入ってしまう補聴器なので、後ろから見ても全く分かりません。
「そのくらいの補聴器なら今までも見たよ。」と思われますよね。この新しい補聴器の凄いのは、耳型を採っていないのに目立たず、落ちてこないところなんです。そこには耳栓に秘密があります。

一人一人に合わせた耳栓の選択が出来るのです!
また出来合いにある簡易な補聴器性能ではなく、かなり高度な機能を有しています。
特別な耳栓による閉塞感が少ないまるでシルクのような着け心地。

操作はスマートフォンで行います。
難聴者が嫌がる衝撃音の抑制や、クラスによっては電話が両耳で聞けるように左右の補聴器が通信してくれます。
試聴器をご用意しておりますので、是非「Silk NX」聞きに来てください!

アレンズさいとうでした(*^^)v

追伸・・・只今、アレンズの営業時間は「9:00~20:00」となっております。ご迷惑をおかけいたします。m(_ _)m


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2020-05-02



[Alenz] 2020-04-16

補聴器の限界!

こんにちは!

アレンズさいとうです(^^♪

コロナが終息するのかしないのか先が見えません。
しかしそんな中でも私たち補聴器技能者は聞こえでお困りの方がたくさんいることを知っているので、出来る限り聞こえのお手伝いが出来るようこれからもコロナに負けずに頑張ってまいります!

さて今回は「補聴器の限界」についてお話ししたいと思います。
私たちの耳の能力は(脳の能力)ものすごくすぐれたものとなっています。
例えば遠く離れた音や言葉を聞き取れる能力を持っています。しかしこの能力もだんだんと衰えてまいります。多くの聴き取り能力が失われてしまったときに、補聴器は私たちにもう一度、言葉が分かるようにしてくれる道具です。しかしそんな補聴器にも限界はあります。一見、万能に見える補聴器も「若いころの様に」なるわけではありません。
例えば「遠く離れた言葉も聞き取れる。」ことはできません。また複数人で会話しているときに、あるいは周りの雑音が大きい時に聞き取ることが困難な方もいます。
(もちろん失われていない能力を生かして聞き取れる方もいます。)




これは補聴器の性能が悪いわけではなく、私たちの脳が若いころの様に「聞き分け」が出来なくなってきていることが原因です。
しかし実際にお仕事を現役でこなしておられる方には大きな損失です。そこで最近では補聴器に補助器具を使い、さらに聞き取りを向上してくれるものが登場しています。
各メーカーいろいろありますが、ここでは「フォナック社」の「ロジャー」を紹介させていただきます。

まずは遠く離れたときにとても役に立つロジャーペン!



講習会や学校、仕事上どうしても離れた人と会話が必要な方に役に立ちます。
騒がしい中でも聞こえを助けてくれます。
話し手にロジャー iN マイクロホンを身に着けてもらうことで、最大50m離れても聞くことができます。

続いて複数人での会話や、会社での会議などで聞き取りを助けてくれるロジャーセレクト!

色々な方向から話しかけられたときに、マルチビームテクノロジーにより、会話音と騒音の比率を毎秒数百回解析し、6方向/360度、その瞬間の話し手の声をビームのように捉えます


また、周囲の騒音レベルをマイクが常時監視し、自動的に適切な音量に調節します。

このように最近は各社、補聴器の周辺機器にも力を入れてきているので、お困りの方は是非、補聴器技能者と相談してみてください。
アレンズさいとうでした(*^_^*)


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2020-04-16



[Alenz] 2020-04-07

最新補聴器は何が出来るの❓

こんにちは!

アレンズさいとうです(^^♪
人類は今、大変な感染症と戦うことになりました。
私たち国民が出来る事は、日本国が発信する情報をもとに自粛をして生活に困る事のみ行動するよう心がけていくこと、これが感染症に勝つ一番の近道と感じました。人を思いやり、「大変な時こそ、みんなが一致団結できる」これが日本国民だと思います。
私たちAlenz社員が出来る事は「補聴器」「メガネ」でお困りのお客様に「修理やメンテナンスの技術で聴力、視力の手助けになるよう努力すること」と思い、日々頑張ってまいります。

さて話は変わりまして今の補聴器はどんなことが出来るのでしょう。
今の補聴器は主にブルートゥース機能をフル活用しています。
いろんな機器類と繋ぎ、より聞きやすい補聴器となってきています。
例えば、スマートフォンやタブレットと繋ぎ、電話の会話や、テレビ電話、音楽、映画などがとても楽に聞きやすくなりました。
特にスイスの補聴器会社「フォナック」は機器類やOSを選ばずアイフォンやアンドロイドでもつなぐことが出来ます。




またテレビとつなぐことが出来る機器も出ており、テレビから補聴器にダイレクト送信してくれるため、今までにない綺麗な音質が楽しめます。
(下の写真ががテレビコネクター)

また車の中で息子さんや娘さんから声を掛けられたときにはっきり聞こえるように手助けしてくれるマイクもあります。
(下の写真ががパートナーマイク)

このように今は補聴器とダイレクトに繋げてくれるブルートゥース機能が大変よくなっていますので、聞こえでお困りの方は是非、ご相談ください!
アレンズさいとうでした(*^_^*)
追伸・・・みんなでガンバってコロナウイルスに勝ちましょう!


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2020-04-07



[Alenz] 2020-03-16

補聴器が聞こえる人と聞こえない人

こんにちは!

今日の朝も寒かったのですが、やはり冬と違い通勤の時なんとなく春を感じさせる寒さでした。
お元気にお過ごしですか。
さて今回、「補聴器が聞こえる人、聞こえない人」と言うテーマでお話ししたいと思います。
補聴器を付けて「はっきり聞こえる!」と言う方が大半ですが稀に「確かに聞こえるがはっきりしない」とおっしゃる方がいます。この違いは何なのでしょう。


補聴器は普通の大きさの声で話される会話が聞き取りにくくなったときに、はっきりと聞くための管理医療機器です。
遠く離れた音や特別に小さな声を拡大して聞くものではありません。
聴力障害の状態によっては、小さい会話が聞こえない、会話を誤って聞く、音が不快に聞こえるなどの点で個人差があります。簡単な聴力検査だけではその人のことばの聞こえ方は分かりません。ことばがどのように聞き取れているかを調べることで、補聴器を使う場合にどこまで聞こえるか、どのような限界があるかを予測できます。
「補聴器が聞こえる人、聞こえない人」の差はここにあるように感じます。補聴器を付ける目的は、若いころの様に聞こえるようにするのではなく、「今、残っている聴覚を最大限引き出す」のが目的です。

医師は難聴を「聴力障害」と診断します。見た目にはわからないのですが「機能障害」があるわけです。補聴器は現存している聴力を最大限まで引き出す医療機器です。自分自身で、または家族が「難聴、難聴じゃない」と判断するのは危ういことなわけです。迷う時は必ず「聴力障害と補聴器の両方を熟知した日本耳鼻咽喉科学会認定の補聴器相談医」の診察を受けてください。
難聴疾患のために障害を受けた耳の残された聴覚を使って、ことばを聞き分ける能力を最大限に発揮させることが、補聴器を最も効果的に使用できる重要な要素ですから、補聴器相談医の診断に基づいて調整をしてもらうことが必要です。微細な調整は素人やコンピュータではできません。医師の正しい方針と熟練した言語聴覚士、補聴器技能者などの技術が必要です


快適な補聴器生活を行っていくためには、医師と認定補聴器技能者の連携が必要です。
補聴器が必要になる時は「認定補聴器技能者」が在籍しているお店で相談をすることをお勧めします。

只今「補聴器相談会」を行っております。
「認定補聴器技能者」が在籍しているアレンズでご相談ください。  さいとう(*^_^*)


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2020-03-16





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE