トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (Alenz イオン久里浜店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2019-09-05

ヘッドホン難聴

こんにちは!

アレンズさいとうです(^^♪
ようやく暑さのピークを過ぎ朝、通勤時に吹く秋風がとても心地よい季節になりました。

さて、今回「ヘッドホン難聴」についてお話ししてみたいと思います。

「ヘッドホン難聴」なんとなく聞いたことがあると思いますが国際医療福祉大学耳鼻咽喉科教授・中川雅文先生によれば「ヘッドホンやイヤホンの使い方が正しくないと音が大きくなくてもヘッドホン難聴になることがあります。」との事。
「えっ?音が大きくなくても?」どういう事でしょうか。
もちろん、ロックコンサートやライブなどで大音量を聞き続ければよくないことは言うまでもありません。
「自分はそんなに大音量で音楽を聴いていないから関係ない」と思った方がいるかもしれません。しかし、耳への負担は、「音の大きさ」と「時間」の2つから生じます。大きくない音でも長い時間だと、大きな音と同じくらい危険です。
スマートホンや携帯型オーディオプレイヤーの普及により、ヘッドホンやイヤホンでいつでもどこでも音楽を楽しめるようになりました。しかしその分、私たちの耳は今まで以上に長い時間、音にさらされるようになっています。その結果、耳の負担も増えてきました。

WHOと国際電気通信連合(ITU)は2019年2月に連名で、安全な音量と聴取時間の上限についてのガイドラインなるものを発表しました。

なんだかよくわからないので先生が例を書いてくださっていたので紹介いたします。

・週2回、管楽器の演奏を習っているAさん

通勤時間が短いAさんは日ごろの耳の負担は少ないので、音楽の練習も週末の映画もぜんぶ楽しんでも許容量を超えることはありません。

・週末になると大好きなミュージシャンの追っかけをしているBさん

通勤時間2時間で日々の許容量はほぼ使いきってしまいます。にもかかわらず、毎週のように新幹線や夜行バスでコンサート会場まで移動。着いたころには難聴を生じさせる状態になっています。

子どもはもっと慎重に対応する必要があります。子どもの許容量は大人の3分の1以下と、とても小さいからです。

・片道30分の電車で都心の私立小学校に通うCちゃん

往復で1時間電車に乗っていると、子どもの耳はそれだけで許容量を使い尽くしてしまいます。しかし休み時間に大騒ぎになることもなければ管楽器のような大きな音に触れる機会もないCちゃんは、週末も勉強一筋なので耳の心配はありません。

・自宅から徒歩通学のDちゃん

平日は確かに耳には良さそうな生活ぶりですが、週末は事情が違うようです。親に連れられていろいろな場所にドライブへ。しかも移動中はいつもイヤホンで音楽を聞いたり英会話の勉強をしたり。高速道路で移動するため音量も大きめになり、耳にはかなり負担がかかっているようです。

「なるほど!やってそう。」私は心当たりがありそうです。
では実際に許容範囲を超えたらどのような症状が出てくるのでしょうか。

許容限界を超えると、耳鳴りを自覚したり、疲れやすくなったり、寝付きが悪くなったりといった症状が出てくるそうです。
110dB以上の音に長時間さらされた場合には、さらに深刻。耳の閉塞感や聞こえの悪さを自覚するようになり、さらに、120dB以上だと急に聞こえなくなってしまうこともあるそうです。
聞こえの変化を自覚した時は“重症”と考えた方がよいでしょう。そのまま放っておくと難聴が固定してしまうこともあるので、すみやかに診断と治療を受けることが大切です。まずはかかりつけの耳鼻咽喉科を受診してみてください。
音を脳に伝わる電気信号に変換するのは、内耳の蝸牛(かぎゅう)の中にある有毛細胞です。正常な有毛細胞の毛は48時間サイクルで生え替わっていきます。日々、音にさらされ酷使された有毛細胞の毛は髪の毛のように抜け落ち、また生えてきます。
しかし、あまりに大きな音の負荷がかかると一気に抜け落ちすぎてしまい、生え替わりの再生サイクルでは追いつかなくなります。脱水、亜鉛やビタミンの不足によっても生えにくくなってきますし、高血糖や動脈硬化があると細胞そのものが衰えてしまいます。長い時間大きな音で酷使されてしまうと、細胞そのものの力が弱って毛を再生産することをやめてしまうのです。
週に1回は、連続して48時間は耳を休ませる――。
そんな静寂がないと、有毛細胞が毛を生え替わらせることができないのです。有毛細胞そのものが、休眠したり死んでしまったりしたら、聞こえを取り戻すこともできません。
健康な聞こえを保つことができれば、いつまでも音楽を楽しむこともできるのです。音のない人生は、どれほどつまらないことでしょうか。私も含め皆様もセーフリスニングを理解し、学び、実践して健康聴寿を手に入れてください。


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2019-09-05



[Alenz] 2019-08-21

耳穴補聴器の作製!

こんにちは!
アレンズさいとうです\(^o^)/

夏があっという間に過ぎていく?のでしょうか。秋雨前線の話が天気予報でやってました。これも異常気象?
さて、今回は耳穴オーダーメイド補聴器がどのように作成されているかご紹介いたします。
工場といってもデジタル機器が並んでいるだけなのですが、工場なんです。
今回のご紹介はフォナック補聴器の工場でやっている方法です。

まずはお客様の耳から採取した耳型をメーカーに送ると3Dでスキャンします。



耳型をスキャンした後、パソコンの画面上に3Dで表示して、お客様の聴力データやインプレッションから読み取れる耳の内部の状態を考慮しながら、最も良いきこえと装用感が実現できる補聴器形状と電子機器の配置計画をして行きます。

その後、耳穴補聴器の側(シェルと言います)を作り、実際の電子機器を入れていきます。
(米粒大の部品をはんだ付け後組み込み)


このようにして補聴器メーカーは一人一人に合わせて耳穴補聴器を作ってくれるわけです。

耳穴補聴器のご相談はぜひアレンズまで!
おまちしてま~す(^^♪


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2019-08-21



[Alenz] 2019-08-18

「補聴器と集音器」

こんにちは!
アレンズさいとうです(^^♪
本日は、「補聴器と集音器」についてお話ししてみたいと思います。

皆様は、「補聴器と集音器の違い」をご存知ですか。じつは、日本補聴器工業会がこんなアンケートをしたことがあります。
結果は・・・

なんと、知っているのは10%以下。90%の方はその違いを知りません。
なぜか。
それは、集音器をまるで「難聴者ために」作られているかのような宣伝がされているからです。

補聴器は薬事法という法律のもと、厚生労働省の承認を受けた「医療機器」です。

補聴器は個別の製品ごとに厳しい検査を受け、一定の効果や安全性が認められて初めて製造販売が出来ます。

補聴器という機械は大きな音が出過ぎないように出力制限という機能が付いていたり、個人個人の聞こえに合わせて調整(フィッティング)を行える等の基本性能が保証されているという事になります。
(ちなみに430項目の認可が必要です。)

 一方、集音器は特に法律で指定されていない音響機器です。医療機器ではない為、製造販売する上での制約が無く、補聴器に搭載されている基本性能が保証されていません。

つまり集音器は「自己責任」
補聴器は医師の診断を受けて、補聴器技能者が責任をもって難聴者の方の為に試聴、販売、調整、保守点検を行います。
決定的な違いは、「補聴器は難聴者の為に作られた医療機器であること」です。

確かに集音器と違い補聴器は決して安くありません。
しかし果たして本当に補聴器は高いのでしょうか。「安全、安心」は大切です。
「補聴器」と「集音器」とは見かけは似ていても、基本的には違う位置づけの製品だということが言えます。ただし、実際に「集音器」の効果を感じている人がいることも事実で、必ずしも「集音器」を購入することが良くないという訳ではありません。
問題なのは、「補聴器」と「集音器」が同じ機能を持っていて、同じ効果が得られるという間違った認識を持ってしまうことです。「集音器」の中には、外見を見ただけでは、「補聴器」との区別がつかない製品もありますし、広告などを見ると、「補聴器」と同じような効果が得られるような表現も見受けられます。
そうした誤解によって「補聴器」のつもりで「集音器」を購入してしまい、満足な効果が得られないということや、ひいては健康被害を引き起こしてしまう恐れがあるということが大きな問題なのです。
大切なことは、まず、両者の違いをはっきりと理解した上で検討することです。そして、何より、聴力の低下を感じたり、難聴に関して気になることがある場合は、耳鼻科の専門医に相談し、適切なアドバイスを受けることが大切です。
確かな裏付けのある補聴器を医師の診断の元、補聴器技能者に責任をもって調整をしてもらいましょう。
また、耳は慣れるまで時間がかかるものです。何度かの調整とメンテナンスも必要です。
補聴器技能者がいる、自分が通える範囲のお店で購入しましょう。

アレンズさいとうでしたヽ(^。^)ノ


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2019-08-18



[Alenz] 2019-08-02

難聴は自分できずきにくい気付きにくい!

こんにちは!
アレンズさいとうです(^^♪

ようやく、梅雨が明けました。7月の徐々に暑くなる時期が無くいきなり8月の強烈な暑さになりました!
体が付いていけません((+_+))
皆様はお元気にお過ごしでしょうか。

さて、いつも補聴器の話をさせて頂いておりましたが、今回は「難聴」についてお話しさせていただきます。
「根本的に難聴とはどんな状態なのか、どうして自分では気付きにくいのか」を、お話ししてみたいと思います。
難聴は自分で気付きにくい症状の一つです。長い間、時間を掛けて聞きづらくなるのでなかなか自分で気付く方はとても少ないのが現状です。難聴になっていく期間は、30年とも40年とも言われています。難聴は見た目だけでは分からないので周りからの指摘も少ないです。


難聴は年のせい?ならばジャングル奥地に住むご年配者も難聴にならなければつじつまが合いません。アメリカの医学者が調べたところ、大半の方が都会に住んでいる子どもと同じくらい聞こえたそうです。では、なぜ聴力は低下するのでしょう。
内耳の中に蝸牛という部分がありますが、その中に有毛細胞という音を感じ取る細胞があります。有毛細胞には2つの種類があり、外有毛細胞(約12,000個)、内有毛細胞(約3,500個)と呼ばれています。蝸牛の入口から奥まで、外有毛細胞は3列、内有毛細胞は1列に並んでいます。有毛細胞はその位置する場所によって、分析する音の周波数が違います。蝸牛の入口周辺の有毛細胞が一番高い周波数の20,000Hz位の分析を担当し、奥に向かうに連れて低い周波数の分析を担 当しており、一番奥の渦巻きの中心部分近くの有毛細胞は50Hz位の低い周波数の音の分析を担当しています。
音自体は、周波数の高低にかかわらず蝸牛の入口から入ってくるため、入口に近い有毛細胞ほどあらゆる音にさらされてしまうことになり、長い期間がたつにつれて大きなダメージを受けてしまうことになります。入口近くの有毛細胞は、高い周波数の音の分析を担当しているので、年齢を重ねるとともに、高い周波数の音が聞こえにくくなってくるのです。

都会に住んでいる以上、暗騒音を、(本当はかなりうるさい音だが毎日聞いているので脳が聞き分けをしてマスキングしている状態)かなり聞いています。耳のダメージも長年にわたり受ています。
聴力が低下しはじめる時期は人によって異なり、その程度も個人差がありますが、一般的に加齢による聴力低下の場合は、まず高音域から聞こえにくくなります。
聴力の低下については、本人は聞こえにくくなっていると思っていないケースが多かったり、本人よりも周囲の人が先に気付く場合が多かったりします。その理由は、本人は実際には高音域の音が聞きにくくなってはいるのですが、「あ、い、う、え、お」といった比較的周波数の低い母音を聞き取る力はそれほど低下していないので、あまり聞こえにくいという実感がないからなのです。
また最近、注目されているのが大音量を流しながらスマートフォンやオーディオプレイヤーなどで音楽を聴いていると耳に対する負担が大きくなることです。

特にイヤフォンから漏れるほどの大音量は続ければつづけるほど年齢が行くほどに難聴は少しずつ忍び足で近づいてきます。
また、音楽を聴き続けたまま、寝落ちする若い方も多いようですが、時間もまた長時間にわたるほど耳には大きな負担となります。
皆様是非、時間と音量に気を付けながら音楽やテレビを楽しみ、長く健康な耳を保ってください。

アレンズさいとうでしたヽ(^。^)ノ


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2019-08-02



[Alenz] 2019-07-15

ちょっと変わった充電補聴器!

こんにちは!
アレンズさいとうです顔
今年は梅雨が長いですね~。
皆様お元気にお過ごしでしょうか。
さて、今回は過去いろいろな充電補聴器を紹介してきましたが、ちょっと変わった充電補聴器を紹介いたします。
今はリチウム電池全盛期で車から携帯電話、充電池までもがリチウム電池になっています。もちろん取り扱いが難しいのでほとんどが今は内蔵型になっており、取り外しが出来ません。しかしあるメーカーさんはリチウム電池全盛期にあえて銀亜鉛電池型を使用しています。


「なんで今さら・・・」そう、誰しもがそう思います。そこをあえて銀亜鉛電池を使用したのは訳があります。
充電補聴器は大変便利でリチウム電池にすることによりスリムで長時間使用が可能になり電池の寿命も4~5年と格段に良くなっています。しかしリチウム電池にも欠点はあります。折り曲げたりすると高密度のエネルギー体なので発熱したり発火したりします。もちろん補聴器の中にシールドされているので日常の使い方でそのようなことは起きません。それとなんといっても電池が痛んだときには交換代が高いこと。充電を忘れた時には内蔵型なので充電しない限り、使えないことなどが上げられます。
そこでワイデックスはあえて銀亜鉛電池を使用しました。上記の写真を見て分かる通りボタン型電池です。そう、自分で交換できます。
つまり通常市販されている補聴器用電池も使用できるようになっています。ハイブッリト方式です。充電を忘れたり、停電時には市販の補聴器電池を入れて使用できます。欠点は銀亜鉛電池の寿命です。2~3年と短いです。しかし価格が安いので3回交換してもリチウム電池よりも安いです。

補聴器の色も豊富にあります。

髪の毛の色に合わせたり、左右を分かりやすくするために色を変える方もいます。

ワイデックス補聴器の「ちょっと変わった充電型補聴器」を紹介させていただきました。
ご興味のある方は是非、ご相談ください。

アレンズさいとうでしたヽ(^。^)ノ


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2019-07-15