トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2019-03-31

充電式補聴器の貸し出しを始めます

早いもので3月も終わりです、もうすぐ新元号の発表ですね。
どんな年号になるのでしょうか?
そして発表はやはり菅官房長官なのでしょうか・・・(*^_^*)


さて、新年度に合わせて
衣笠店では貸し出し補聴器をさらに充実させましたので
ご紹介させていただきます☆




新しく導入した貸し出し補聴器は3機種、
全て充電式です!
毎日電池の出し入れが必要なこれまでの電池式と比べて
圧倒的な手軽さと高い防水性を誇る
大人気の補聴器を揃えました♩


もっとも人気のある最新のRIC補聴器 “ Pure Charge&Go NX”(ピュア)

Pure‘(ピュア)と同等の機能でありながら取り回しのしやすい
耳掛け式補聴器  “ Motion Charge&Go NX”(モーション)



そしてこちら!圧倒的にカッコよく携帯性に優れた
Styletto (スタイレット)
充電器も持ち運べるガジェット感溢れるカッコいい補聴器です!


以上3機種をご自宅で1〜2週間、
お試しいただけるように揃えています🎵
従来の電池式補聴器と合わせて幅広い貸し出し機をご用意しておりますので
ぜひ、お気軽にご相談ください!


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-03-31



[Alenz] 2019-03-24

補聴器の閉塞感

こんにちは!

イオン2F補聴器のアレンズのさいとうです(^^♪

桜の開花宣言が出ましたが、出た次の日から寒くなってしまいました。
皆様、お元気ですか。

さて今回は補聴器をつけた時の閉塞感の解消についてお話ししてみたいと思います。
補聴器は耳の中に入れるため耳栓をしているようになります。そのため閉塞感を感じたり、自分の声のこもり感が起きたりする場合があります。それを少しでも防ぐために補聴器や耳栓にベント(穴)をあけます。

こうすることにより、なるべく低い音域の音を逃がし、自分の声のこもり感を防ぎます。
また、空気の出入りが出来て閉塞感も軽減できます。
耳掛け補聴器では耳栓自体に空気の通り道を大きく開けたものもあります。

このような大きなベント(穴)は初めての方や、高い音域の音だけが下がってしまって、低い音域の音が正常な方に向いています。
耳穴式は小さいのでこのようにたくさんの穴をあけることが出来ません。そこで耳穴式は「溝ベント」というものを作ります。

これは極端に大きく溝を付けたものです。閉塞感やこもり感がほとんどない代わりに低い音域の音もほとんど出ません。つまり低音障害や中度以上の難聴の方には使用できません。しかし初めての方や軽度の難聴で耳穴補聴器を希望されている方には大変有効な手段と言えます。
補聴器でお悩みの方がおられましたら、是非アレンズさいとうまでご相談ください。
お待ちしておりますヽ(^。^)ノ


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2019-03-24



[追浜店、衣笠店、逗子店、Alenz] 2019-03-06

春の【補聴器相談会】開催!

2019年最初の補聴器相談会のお知らせです!

めがねの荒木とアレンズでは、
3月8日(金)から24日(日)まで【補聴器相談会】を開催します。

今回の特典は
☆補聴器お買上げで【全国各地のグルメカタログ】進呈☆
☆通信式補聴器ご成約の方、さらに【専用通信機・ストリームラインTV(30,240円相当)】進呈☆



めがねの荒木とアレンズは、
「本当に聞こえるの?」
「友達は、補聴器なんてうるさくて使えないと言っていた」
などの疑問や不安にお答えする【認定補聴器技能者】が各店に在籍しております。
暮らしの中で使っていただけるよう、最大二週間の無料貸し出しも実施中です。

ご購入後も専門店独自の「安心の90 日間プログラム」で、お客様の聞こえをサポートさせていただきます。


ご相談だけでもお気軽にご来店ください!


追浜店、衣笠店、逗子店、Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2019-03-06



[衣笠店] 2019-03-05

超小型チタン補聴器を試せるチャンスです!

こんにちは!衣笠店の彦坂です。

8日(金)より、春の補聴器相談会を開催します(*^^*)
今日は小さくて着けやすい耳あな型補聴器をご紹介します。


PHONAK(フォナック ) 社の 『バートチタン』
補聴器を検討中の方でも耳慣れない社名かもしれません、
補聴器専門店での取り扱いが中心のメーカーさんで、
補聴器調整のプロフェッショナルに支持されているといえますね。
眼鏡店での取り扱いはまだ多くありません。

PHONAKは1947年にスイスでスタートした老舗の補聴器メーカーで、
世界トップのシェアを誇ります。
小児用補聴器がスタートになっていて
企業理念としても福祉の考えがとても強いメーカーさんです。
製品ラインナップは多岐に渡り充実していますが、
一番充実しているのが補聴援助システム。
専用のワイヤレス通信機器(マイク)を使って、
直接音声を補聴器に届けることができます。
これにより、今まで補聴器では聞き取りにくいとされていた
騒音下での会話が聞きやすくなりました。
また、講演会などの話し手と聴き手が離れたシチュエーションでも
言葉の聞き取りの改善が期待できます。


さて、本題のバートチタンの特徴です。

一般的な補聴器の外装(シェル)に使われているアクリルよりも
チタンは15倍丈夫なので、従来型シェルより50%薄型に。

従来より60%小型化した電子部品と
大幅に薄型になったシェルによって小型にすることが可能になりました。

また見た目だけでなく、きこえ方にも大幅な改善が施されています!
フォナック はもともと
「オートセンスOS」という補聴器が環境を認識して
自動的にそれに適した出力ができることが大きなアドバンテージでした。
騒音下と静寂下で同じ音の出し方をしていては
どうしても聞こえにくさや不快さが出てしますことがありますが、こ
れを自動で調整してくれる優れものなんです!

バートチタンに搭載されたOSは、
今までよりもより良く装用者の音環境を認識し、自動的に環境に適応します。
音環境を正確に捉えて分析し、
リアルタイムで正確に複数のプログラムから機能の要素を組み合わせます。
装用者がいつどこにいても、自然な聞こえ体験を提供てくれるんですね。


手動での補聴器の設定切り替えと比較して
20%もことばの理解度があがることも示されています。


今回の補聴器相談会では、
なんとこのバートチタンの実機を24日(日)まで貸し出しさせていただきます!
滅多にない機会なので、ぜひお試しになってみてくださいね!


衣笠店 [きこえの相談室~補聴器~] 2019-03-05





News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE